夢ナビをご利用いただき、ありがとうございます。
メールマガジン「夢ナビ通信」をお送りします。
学校で夢ナビプログラムを行った方、夢ナビWebでリクエストワードを登録した方に、定期的にお送りいたします。
読んでみたら今まで気づかなかった新たな発見がきっとあると思います。
学びたい学問をみつけるために是非お役立てください。
2019年2月21日
「SNS」について考えよう
ソーシャルメディアを使ったマーケティングが面白い!
明治大学 商学部
准教授 水野 誠 先生
誰もがメディアプロデューサーに! 地域・市民メディアのこれから
武蔵大学 社会学部 メディア社会学科
教授 松本 恭幸 先生
ITやSNSを活用したスポーツ支援が進んでいる!
香川大学 創造工学部 創造工学科 造形・メディアデザインコース
准教授 後藤田 中 先生
京都大学 工学部 地球工学科 環境工学コース
教授 藤井 滋穂 先生 からのメッセージ
高校での勉強は非常に地味に感じるかもしれませんが、物理、化学、数学の3教科は、理系ならどの分野でも必要とされる知識です。また、大学では、海外で研究したり、留学生と接する機会も増えるので、英語も重要です。今は何の役に立つかわからなくても、将来自分が進む範囲を狭めないために、これらはきっちりと勉強しておくべきです。
さらに、高校生にもなると、新聞を読んだり、ニュースを見たりすることも大切になってきます。自分の外側で起こっている出来事を理解するという意識を持っていてください。
大阪大学 人間科学部
准教授 辻 大介 先生 からのメッセージ
私が高校生だったとき、自分が何をやりたいのかわかりませんでした。研究の道を志したのは、一度、社会人になってからで、25歳くらいのときです。あなたは今、やりたいことが見つかっていますか? 目標や夢を持っている人も、もちろんいると思いますが、なかなか見つからない人もいるのではないでしょうか。今、見つかっていなくても、決して焦ることはありません。大学でそれを考えてもよいのです。高校生のうちから少しずつ、何がやりたいのかを考え始めて、ゴールを見つけていってください。
電気通信大学 情報理工学域 I類(情報系) メディア情報学プログラム
教授 庄野 逸 先生 からのメッセージ
私は「人工知能」と「脳科学」に基礎を置いた学問分野を研究しています。この分野は、さまざまなバックグラウンドを持つ先生方が協力して作り上げてきたもので、とても興味深いものです。今では当たり前になっている顔認証の仕組みや、体の中の病変を読み取る技術などにも、この分野の研究が貢献しています。
世の中にはいろいろな学問分野があり、高校生から見ると、どのように社会の役に立つのかがわかりにくい場合もあるかもしれません。それでも、学問は社会の役に立つものですから、一生懸命に勉強して大学に進んでほしいと思います。

多くの人に利用されている「SNS」。遠方にいる人や同じ趣味の人など、さまざまな人々と繋がることができるだけでなく、企業では商品の宣伝やイベント集客などビジネスにも活用されています。また災害時には、情報交換や避難状況、安否確認などリアルタイムで情報を発信し、収集ができます。
このように幅広く活用されている「SNS」について、夢ナビ講義を通して深く考えてみましょう。

夢ナビTALK 学問からの挑戦状 夢ナビ テレメール



夢ナビ編集部からのメールの配信変更・停止はこちら
夢ナビ編集部 Copyright(c) 2008-2019 Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.