夢ナビをご利用いただき、ありがとうございます。
メールマガジン「夢ナビ通信」をお送りします。
学校で夢ナビプログラムを行った方、夢ナビWebでリクエストワードを登録した方に、定期的にお送りいたします。
読んでみたら今まで気づかなかった新たな発見がきっとあると思います。
学びたい学問をみつけるために是非お役立てください。
2018年12月27日
身も心もスッキリ!年末の「掃除」
人間が設計しなくてもかしこいロボットができる秘密
名古屋大学 情報学部 自然情報学科
准教授 鈴木 麗璽 先生
どうしたら「発明」ができるのだろう?
大阪工業大学 知的財産学部 知的財産学科
准教授 五丁 龍志 先生
細胞内の高性能掃除機が難病治療の切り札になる
大阪大学 医学部 遺伝学教室
教授 吉森 保 先生
島根大学 生物資源科学部 生命科学科
准教授 児玉 有紀 先生 からのメッセージ
すでに興味のある分野がはっきりしている人は、興味のある分野を研究している先生を探してみるといいかもしれません。オープンキャンパスに行ったり、先生とコンタクトが取れた場合は研究室を訪ねたりしてみるのもいいかもしれません。
自分自身が高校生だった頃を思い出すと、受験勉強は大変だったという思い出があります。時には不安になることもあると思いますが、大学で授業を受けている様子や白衣を着て研究している様子など、楽しみなことを思い浮かべて頑張ってください。
東北芸術工科大学 デザイン工学部 建築・環境デザイン学科
准教授 馬場 正尊 先生 からのメッセージ
自分がやりたいことに対して、素直な気持ちになって、進学する学科を選んでください。
今、私はデザインや設計をしていますが、この分野に興味を持ったのは高校生の時でした。そして、建築という仕事を選びましたが、特別絵がうまかったわけでもセンスがあったわけでもありません。ただ、その世界に入って一生懸命勉強していけば、なんとかなるものです。未来の自分の姿に向かって、着実にがんばってください。
北海道大学 文学部 人文科学科
准教授 押野 武志 先生 からのメッセージ
高校時代、体育会系だった私は、硬式野球部で甲子園をめざしていました。しかし進学の際、理系か文系かで迷った結果、「人生とは何かを考えたい」と文学部を選び、ここまできたのです。出発点は自分が興味を抱いたものでしたが、1980年代に近代的な価値観を引っくり返すポストモダンの思想が流行したことで、自分の考え方の狭さを知りました。それは、さまざまな表現に触れ、感性を広げることができたからです。きっかけは人それぞれですが、自分と違う考え方や感性を発見する喜びを知ってほしいですね。

2018年もいよいよ残りわずかになりました。学校でも自宅でも、年末に大掃除は欠かせません。今回は、掃除に関する夢ナビ講義を紹介。掃除の際に使われる画期的なアイデア品から、体内で掃除の役割を担っている機能まで、「掃除」を関心ワードとしてたくさんの学問があります。
これで年内の夢ナビ通信は最後です。よいお年をお迎えください。

夢ナビTALK 学問からの挑戦状 夢ナビ テレメール



夢ナビ編集部からのメールの配信変更・停止はこちら
夢ナビ編集部 Copyright(c) 2008-2018 Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.