夢ナビをご利用いただき、ありがとうございます。
メールマガジン「夢ナビ通信」をお送りします。
学校で夢ナビプログラムを行った方、夢ナビWebでリクエストワードを登録した方に、定期的にお送りいたします。
読んでみたら今まで気づかなかった新たな発見がきっとあると思います。
学びたい学問をみつけるために是非お役立てください。
2018年11月22日
進化が止まらない!「インターネット」
IoTでつながる未来へ! ~どんな方法でつなげるの?~
愛媛大学 工学部 電気電子工学科
准教授 都築 伸二 先生
スマホの「フィルタリング」機能は、憲法違反?
京都大学 法学部
教授 曽我部 真裕 先生
インターネットは社会をどこへ連れていく?
中央大学 総合政策学部
准教授 岡嶋 裕史 先生
岡山大学 理学部 物理学科
教授 石野 宏和 先生 からのメッセージ
最先端の基礎物理学は、すぐには実生活に役に立たないことが多いです。しかし先人たちによって蓄えられたその知識は確実に生活に還元されています。例えばパソコンやスマートフォンなどの電子機器は、基礎物理学の知識なしでは動作しません。通信を行うための電波も、当初は発見者本人が「何の役にも立たない」と言っていました。つまり長い目で見れば、私たちの生活に直結しているのが基礎物理学なのです。また基礎物理学は、人類のみが持つ知的財産を増やす上でも重要な役割を果たしています。
龍谷大学 国際学部 国際文化学科
教授 史 彤嵐 先生 からのメッセージ
「言葉はその国の文化の窓」と言われます。語学を勉強することで、その文化の窓が開き、新しい世界に飛び込みたいという気持ちが湧いてきます。
たとえ海外に行かなくても、文化の窓を開くことはできます。国内で外国人と接することは、ほんの少しの行動により実現できる時代となりました。どの国のどのような文化に対しても、敬意を持ち、理解する努力をしてみましょう。
語学を含む異文化は、あなたの価値観を広げてくれます。そして、知りたいという欲求を呼び覚まし、知識と経験を与えてくれるはずです。
一橋大学 法学部 法律学科
教授 本庄 武 先生 からのメッセージ
高校時代は、受験勉強をするだけではなく、社会で今何が問題になっているのか、立ち止まって考える習慣をつけておくことがとても大事です。身の周りで起こっていることだけではなく、広く世の中で起きている事象に関心を持ちましょう。
例えば新聞をきちんと読み、報道内容について自分なりの意見をしっかり持つようにしましょう。高校生のうちから「考える」練習をしておけば、大学に入って有意義な学生生活を送れます。また、刑事法学で身につく緻密な論理の組み立ては、将来どの分野に進んでも役に立つはずです。

昨日11月21日は「インターネット記念日」でした。46年前のこの日、インターネットの原型と言われるAPRAネットの公開実験が行われたことに由来します。1995年のOS・Windows95の発売によって普及し始めたインターネットですが、いまやスマホからも高速でアクセスでき、私たちの生活に欠かせないものとなりました。そこで今週は、インターネットに関する講義をご紹介します。

夢ナビTALK 学問からの挑戦状 夢ナビ テレメール



夢ナビ編集部からのメールの配信変更・停止はこちら
夢ナビ編集部 Copyright(c) 2008-2018 Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.