夢ナビをご利用いただき、ありがとうございます。
メールマガジン「夢ナビ通信」をお送りします。
学校で夢ナビプログラムを行った方、夢ナビWebでリクエストワードを登録した方に、定期的にお送りいたします。
読んでみたら今まで気づかなかった新たな発見がきっとあると思います。
学びたい学問をみつけるために是非お役立てください。
2018年11月15日
今年も要注意!「インフルエンザ」
なぜ、インフルエンザウイルスは人に感染するようになったのか
鳥取大学 農学部 共同獣医学科
教授 伊藤 壽啓 先生
民間では限界がある、公権力の行使
香川大学 法学部 法学科
教授 三野 靖 先生
学校での感染症を防ぐために~感染制御対策の基本技術~
女子栄養大学 栄養学部 保健栄養学科 保健養護専攻
教授 野中 靜 先生
大阪大学 薬学部
教授 荒井 雅吉 先生 からのメッセージ
私の現在の専門は、天然物創薬学、ケミカルバイオロジーですが、初めから「この分野の研究がしたい」と決めていたわけではありません。その時には関係ないように見えても興味を持った分野の勉強をしたり、関連する論文を読んだりした積み重ねが、今の研究につながったのです。それは、化学だけでなく、コミュニケーションの仕方や、異文化への興味など多岐にわたります。あなたも、ぜひいろいろなことに興味を持ってください。それが意外と後になって役に立つのです。
明治大学 政治経済学部 政治学科
教授 木谷 光宏 先生 からのメッセージ
大学生活は、自分の「宝探しの旅」です。大学での人や学問との出会いが大きな意味を持ち、自分を変え、成長を促します。特に大学生にとっては、人間として成長する上で大事なポイントが3つあります。1つめは、本を読むこと、2つめは、海外へ旅に出ること、そして3つめは、生涯の友を持つことです。この3つは、社会で生きていく上で必要な豊かな人間形成を促す大きな要因だと思います。充実した青春時代の思い出を作りながら、切磋琢磨し合う仲間とともに、これからの人生を考える上での大事な宝物を探してください。
北海道大学 文学部 人文科学科
准教授 押野 武志 先生 からのメッセージ
高校時代、体育会系だった私は、硬式野球部で甲子園をめざしていました。しかし進学の際、理系か文系かで迷った結果、「人生とは何かを考えたい」と文学部を選び、ここまできたのです。出発点は自分が興味を抱いたものでしたが、1980年代に近代的な価値観を引っくり返すポストモダンの思想が流行したことで、自分の考え方の狭さを知りました。それは、さまざまな表現に触れ、感性を広げることができたからです。きっかけは人それぞれですが、自分と違う考え方や感性を発見する喜びを知ってほしいですね。

朝晩冷え込むようになりました。この時期、気を付けなければならないのが「インフルエンザ」です。今回の夢ナビ通信では、インフルエンザに関わる学問を紹介します。単なる病気の一つとして捉えるだけではなく、インフルエンザの感染から予防、それらにまつわる制度など、いろいろな視点からインフルエンザを見てみましょう!

夢ナビTALK 学問からの挑戦状 夢ナビ テレメール



夢ナビ編集部からのメールの配信変更・停止はこちら
夢ナビ編集部 Copyright(c) 2008-2018 Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.