夢ナビをご利用いただき、ありがとうございます。
メールマガジン「夢ナビ通信」をお送りします。
学校で夢ナビプログラムを行った方、夢ナビWebでリクエストワードを登録した方に、定期的にお送りいたします。
読んでみたら今まで気づかなかった新たな発見がきっとあると思います。
学びたい学問をみつけるために是非お役立てください。
2018年9月13日
「プログラミング」の夢ナビ講義を見てみよう
プレイステーション3が高性能計算を可能にする!?
電気通信大学 情報理工学域 I類(情報系) コンピュータサイエンスプログラム
教授 成見 哲 先生
ソフトウェアの専門知識だけでは研究開発はできない
九州大学 工学部 電気情報工学科
教授 鵜林 尚靖 先生
「あったらいいな」を実現するのは、文系のプログラマーのアイデア
豊橋創造大学 経営学部 経営学科
教授 今井 正文 先生
東京大学 教養学部 学際科学科
准教授 金子 知適 先生 からのメッセージ
私は子どものころから将棋に興味があり、大人向けの将棋の本を読んでいました。しかし時間をかけてがんばったわりには、あまり強くなりませんでした。その後、ほかに興味が移ったのですが、あとちょっとでできそうなことができないということに対して、どうしたらできるようになるのかを考えることが好きでした。そこで学習の仕方を組み込んでいくコンピュータプログラムに将棋を取り入れたところ、これが面白かったのです。難しくてなかなか思い通りにいかないことに取り組む面白さを、あなたにも知ってほしいです。
大阪大学 医学部 保健学科 検査技術科学
教授 岩谷 良則 先生 からのメッセージ
私は子どものころ「鉄腕アトム」に夢中になり、人工知能を作ってみたくて工学部に進もうと思っていました。しかし縁あって医学部に進学することになり、出会ったのが甲状腺と橋本病の研究です。橋本病を発見したのは私の母校(九州大学)の大先輩である橋本策(はしもと はかる)先生ということにも、何かの運命を感じました。
進学や就職の際には、自分が面白いと思う分野、興味のある分野に進んでほしいと思います。高い志を持ち、しっかりとした目標を立て、前向きに頑張れば、必ず成功するでしょう。
香川大学 法学部 法学科
教授 三野 靖 先生 からのメッセージ
最近は、新聞を読まない人が増えています。社会の情報に接することは重要ですが、それ以上に物事を目で見て自分で考えることが大切。インターネットは手段としては使えても、考えるためのベースにはなりません。新聞は紙媒体なので記録として残り、ストックすることで流れを追うことができます。また、関心のない情報も載っているので、興味のない情報も目に入り、知識としていつの間にか吸収できます。広い視野を養うことができ、いろいろな視点から見ることができるようになります。ぜひ新聞を読む習慣を身につけてほしいと思います。

9月13日は「プログラマーの日」で、ロシアでは公式の祝日です。9月13日は、1月1日から数えて「256日目」にあたります。プログラマーにとってこの数字が、コンピュータ上でデータを扱う時に使用される単位の8ビットが「256通り」の表現可能な情報量であるため、とても馴染み深いからです。そこで今週は、「プログラミング」に関する夢ナビ講義をご紹介します。

学問からの挑戦状 夢ナビライブ 夢ナビ テレメール



夢ナビ編集部からのメールの配信変更・停止はこちら
夢ナビ編集部 Copyright(c) 2008-2018 Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.