夢ナビをご利用いただき、ありがとうございます。
メールマガジン「夢ナビ通信」をお送りします。
学校で夢ナビプログラムを行った方、夢ナビWebでリクエストワードを登録した方に、定期的にお送りいたします。
読んでみたら今まで気づかなかった新たな発見がきっとあると思います。
学びたい学問をみつけるために是非お役立てください。
2018年6月21日
今週のテーマは「雨」
盛岡は、なぜ「虹の街」と呼ばれるのか?
岩手大学 教育学部 理科教育科
教授 名越 利幸 先生
「100年に1度」の大雨が増えている?
岡山大学 環境理工学部 環境管理工学科
教授 近森 秀高 先生
スーパーコンピュータで異常気象に挑む!
名古屋大学 地球水循環研究センター
教授 坪木 和久 先生
東京大学 教養学部 地域文化研究学科
教授 西崎 文子 先生 からのメッセージ
高校生のあなたには、「何事も自分の頭で考える」ための基礎づくりをしてほしいです。そのためには、何と言っても本を読むことです。時には、少しとっつきにくいくらいの難しい本を読んでください。小説でも、歴史でも、本を読むことを通じて知識を増やしてください。そうやって得た知識は、あなたの世界を広げ、想像力を鍛えることにつながります。
受験勉強は大変ですが、そこで得た知識も、あなたの世界を広げてくれます。息抜きをしたり、ぼーっと遠くを眺めたりしながらも、一日一日が次につながるような毎日を送ってください。
岡山大学 工学部 機械システム系学科
教授 五福 明夫 先生 からのメッセージ
豊かな発想を持って、一生懸命に切磋琢磨してください。大学で学問に真剣に打ち込むのなら、人類の財産を生み出すぐらいの覚悟で、多様な視点から論理的に考え尽くすことが必要です。論理的に考える力と、豊富な知識が、豊かな発想をもたらしてくれます。論理的な思考力は、例えば数学の問題などで、標準的な解にとどまらず、ほかの解き方を探す努力で養われます。どんな分野でも世界一や日本一は難しくても、立派な専門家には努力次第でなれるはずです。自分の進むべき道を見つけて、がんばってください。
東北工業大学 工学部 電気電子工学科
准教授 鈴木 郁郎 先生 からのメッセージ
おもしろいと思ったら、まずは行動してみましょう。知識は後からついてくるものです。また、自分の頭で考えて、課題を解決できる人になってほしいと思います。人から言われたことだけをやるのではなく、自分で課題を見つけて、解決法を考えて、その過程を楽しんだらいいのです。一人で悶々と考えていてもダメなときは、誰かに話してみるといいでしょう。話しているうちに、何かいいアイデアが出てきて解決できるかもしれません。研究を展開するためには、仲間がとても大切です。

梅雨は平均すると43日間~46日間。梅雨のある地域は、まだしばらくじめじめとした日が続きそうです。雨の日は憂鬱かもしれませんが、雨の音には、脳波をアルファ波にする効果があるとも言われています。アルファ波とは集中しているときやリラックスしているときなどに現れる脳波のこと。勉強に疲れたら雨の音を聞いてみてはいかがでしょうか。
今週は「雨」に関する夢ナビ講義を紹介します。

学問からの挑戦状 夢ナビライブ 夢ナビ テレメール



夢ナビ編集部からのメールの配信変更・停止はこちら
夢ナビ編集部 Copyright(c) 2008-2018 Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.