夢ナビをご利用いただき、ありがとうございます。
メールマガジン「夢ナビ通信」をお送りします。
学校で夢ナビプログラムを行った方、夢ナビWebでリクエストワードを登録した方に、定期的にお送りいたします。
読んでみたら今まで気づかなかった新たな発見がきっとあると思います。
学びたい学問をみつけるために是非お役立てください。
2018年2月22日
今週のテーマは「ペット」
日本人には理解しづらい? ペットとの正しいつきあい方
広島大学 生物生産学部 生物生産学科
教授 谷田 創 先生
動物の「行動」から、痛みやストレスを探る
酪農学園大学 獣医学群 獣医保健看護学類
准教授 佐野 忠士 先生
犬と飼い主を幸せにする犬の専門家!
東京農業大学 農学部 動物科学科 ※2018年4月開設
教授 増田 宏司 先生
大阪大学 理学部 生物科学科
教授 志賀 向子 先生 からのメッセージ
もし、あなたが生物学や動物生理学の分野に興味があるなら、生命そのものに対して「不思議だな」「面白いな」「なぜそのような仕組みなのかな」と思う気持ちを大切にしてください。サイエンスは少し推理小説と似ているところがあります。推理小説は、犯人探しのために証拠を集め、筋道を立てて真相を突き止めます。サイエンスも何か興味深い現象を見つけたら、実験結果を集め、論理を構築し、その仕組みを解き明かしていくのです。このような「ナゾ解き」を楽しめるなら、あなたはこの分野に向いていると思います。
崇城大学 工学部 機械工学科
准教授 劉 陽 先生 からのメッセージ
あなたは、街路樹や道ばたの草花、小さな虫などの「カタチ」をじっくりと眺めたことはありますか? 「この昆虫は、なぜこんなカタチをしているんだろう」など、疑問を感じたことはありますか?
植物も、昆虫などの動物も、自然界のものは奇跡のように計算されつくしたカタチをしています。大学で、力学や構造設計について研究するのなら、中学・高校のうちに、数学や物理の基礎をしっかり学んでおく必要があります。しかし、勉強ばかりではなく、さまざまなモノの「カタチ」に興味を持ち、疑問を感じる気持ちも大切にしてください。
岡山大学 工学部 電気通信系学科
准教授 紀和 利彦 先生 からのメッセージ
高校の授業科目で好き嫌いがあるのは、誰でも当たり前のことです。まず興味のある科目を、一生懸命に勉強しましょう。加えて、ほかの科目にも関心を持つように心がけてください。「電磁波」の研究には、電気や化学が関係してきます。現在期待が高まっているテラヘルツ波をタンパク質の解析に活用しようと思えば、生物の知識も必要です。豊富な基礎知識は、発想を大きく広げる助けになります。一見、関係のなさそうなものを組み合わせたりする中に発見があり、豊かな発想が芽生えてくるものです。

2月22日は「ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)」の語呂合わせで「猫の日」。1987年に愛猫家からの公募で決まりました。海外でもロシアでは3月1日、アメリカでは10月29日など、猫の日が定められています。そこで今回は「ペット」をテーマに夢ナビ講義をご紹介します。ペットにまつわる欧米との違いや、いまだ解明されていないペットの行動など、ペットの学問に触れてみてください。

夢ナビTALK テレメール 夢ナビ 先輩の選択



夢ナビ編集部からのメールの配信変更・停止はこちら
夢ナビ編集部 Copyright(c) 2008-2018 Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.