夢ナビをご利用いただき、ありがとうございます。
メールマガジン「夢ナビ通信」をお送りします。
学校で夢ナビプログラムを行った方、夢ナビWebでリクエストワードを登録した方に、定期的にお送りいたします。
読んでみたら今まで気づかなかった新たな発見がきっとあると思います。
学びたい学問をみつけるために是非お役立てください。
2018年1月4日
今週のテーマは「米」
食べてもカロリーになりにくい、夢のダイエット米、誕生へ! 
秋田県立大学 生物資源科学部 生物生産科学科
教授 藤田 直子 先生
百年前の日本人は和食を食べていなかった!? もうひとつの歴史を知る
大阪大谷大学 教育学部 教育学科
准教授 高野 昭雄 先生
農家の危機を救え! 「スマート農業」が救世主となる!
鳥取大学 農学部 生命環境農学科 植物菌類生産科学コース
准教授 森本 英嗣 先生
法政大学 デザイン工学部 建築学科
教授 安藤 直見 先生 からのメッセージ
映画やテレビドラマ、小説などの場面には、いろいろな種類の建築が出てきます。それらはどこかで、物語の重要な部分に関係している場合があります。物語の流れを追うのとは別に、ちょっと見方を変えてそうした建築をチェックしてみると面白いでしょう。普段街を歩いていても建築はたくさん目にしますし、そもそも私たちは日々、建築の中に住んで過ごしています。そこに建築のさまざまな面白さが潜んでいるのです。
名古屋大学 医学部 保健学科 看護学専攻
准教授 大島 千佳 先生 からのメッセージ
看護の仕事では、患者さんの心に寄り添うことが大切です。学生のうちに、たくさんの人と接し、話をして、温かい人間関係を築ける人になってほしいと思います。また、学生時代の失敗も含めたいろいろな体験が、患者さんの痛みやつらさに寄り添うための糧になります。
また看護には、患者さん一人ひとりの最善のケアを考え、科学的な視点で客観的な判断ができる頭脳も必要です。看護はこれからますます必要とされるやりがいのある分野ですから、温かい心と冷静な頭脳を身につけられるように大学で学んでください。
九州大学 工学部 電気情報工学科
教授 鵜林 尚靖 先生 からのメッセージ
コンピュータが社会に普及し、ボタンを押すだけで、いろいろなことができる社会になっています。そのような社会を実現しているのは、コンピュータ・サイエンスという科学です。実は、ソフトウェア開発は、技術者個人の能力や意思が生かせる分野です。社会を便利にしたい、快適にしたいという気持ちをソフトウェアのアイデアという形で表現し、それを実現することができます。それが、開発の面白いところでしょう。科学を理解することで、そのような喜びを知ってほしいですね。

明けましておめでとうございます。3日後の1月7日には七草粥を食べる人も多いと思います。その由来は古代中国で1月7日に七種類の野菜を入れた汁物を食べて無病息災を祈っていた習慣にあり、日本に伝わり定着したと言われています。そこで今週はお粥にちなんで「米」をテーマにしました。ピックアップされている夢ナビ講義をぜひチェックしてみてください。今年も夢ナビで多くの学問に触れてみましょう。

夢ナビTALK テレメール 夢ナビ 先輩の選択



夢ナビ編集部からのメールの配信変更・停止はこちら
夢ナビ編集部 Copyright(c) 2008-2017 Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.