夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

検索結果一覧へ戻る

講義No.10389

金子みすゞの作品を通して考える、文学の「正しい」読み方

私と小鳥と鈴と

 「私が両手をひろげても、/お空はちっとも飛べないが、/飛べる小鳥は私のように、/地面(じべた)を速くは走れない。//私がからだをゆすっても、/きれいな音は出ないけど、/あの鳴る鈴は私のように/たくさんな唄は知らないよ。//鈴と、小鳥と、それから私、/みんなちがって、みんないい。」
 金子みすゞの「私と小鳥と鈴と」という詩で、小学校の国語教科書にも掲載されています。「みんな」の個性を尊重する詩として知られていますが、その解釈だけが正解なのでしょうか。この詩では、第一連では私と小鳥の、第二連では私と鈴の違いが描かれますが、どちらも「私が」で始まります。小鳥と鈴の違いには触れることなく第三連に入り、そこでも「私」の前に「それから」が付いて「私」が強調され、「いい」と肯定して終わります。

金子みすゞの生涯と人柄

 金子みすゞは明治時代の山口県生まれの童謡詩人。幼い頃に父を亡くし、夫の女性問題に悩まされ、26歳で自ら命を絶ちました。短期間に500編余りの作品を残しましたが、ほとんどの作品は生前には発表されず、1980年代以降に再評価されるようになりました。その生涯から、みすゞは「か弱く薄幸な女性詩人」であり、逆境のなかで、他者への優しさや温かさを感じさせる作品を書いたとされています。しかし「私と小鳥と鈴と」からは懸命に自分の個性を認め、肯定しようとする強い自己主張も読み取ることができます。

詩の「正しい」読み方とは

 この作品以外にも、みすゞの自己主張は随所に見られ、時には人間や社会の闇をえぐるような作品も残しています。「優しさや温かさ」といったわかりやすい評価に収まらない詩人であり、今後も多くの読者の多様な解釈を引き出しながら、読みつがれていくと思います。教科書に掲載される詩や小説は、あらかじめ「読み方の正解」が決められてしまうこともあります。それには一定の意義もありますが、書かれた当時の時代背景や、他作品についての知識をつけて読みなおせば、新たな解釈を導くことができるのです。


この学問が向いているかも 児童文学、近現代文学

武蔵野大学
文学部 日本文学文化学科 教授
藤本 恵 先生

先生の著書
先生がめざすSDGs
メッセージ

 漫画家の水木しげるさんは「今せずにいられないことをやろう」という言葉を残されました。しなければならないこと、するように言われたことだけに追われるのではなく、自分がせずにいられないことを大切にしてほしい、という言葉であると私は理解しています。
 若い頃から「絶対にこれがやりたい!」とはっきり認識している人は少ないので、この言葉はあなたにとってプレッシャーになるかもしれません。それでも自分が「せずにいられない」と思える何かをつかむことは、人生においてとても大切なことだと考えています。

先生の学問へのきっかけ

 私は典型的な文学少女でした。大学は文学部に進み、3年生のとき、自分の郷土の作家を調べるという課題に取り組みます。そこで同郷である金子みすゞの「私と小鳥と鈴と」をはじめて読みました。「私」の存在をとてもシンプルな言葉で肯定した詩は、当時、人間関係で傷ついていた心に強く響き、以来金子みすゞ研究に夢中になって取り組みました。一編の詩との出会いがその後の人生を決めたのです。現在は、童謡や詩以外にも近現代の物語や絵本なども含む児童文学全体に対象を広げ、研究を続けています。

大学アイコン
藤本 恵 先生がいらっしゃる
武蔵野大学に関心を持ったら

 武蔵野大学は、文・理・医療・情報系の総合大学です。2021年4月、「アントレプレナーシップ学部」を新設予定(構想中)。既存の枠にとらわれず、新たな価値を創造していく起業家精神(アントレプレナーシップ)を持った人材を育成します。2020年4月には、文系も理系も専門に活かせる学びができる新しい情報教育がスタート。12学部20学科になる武蔵野大学では、経済学、経営学、法学、文学、国際、語学、教育、薬学、看護、心理、福祉、工学、環境、建築などの学問分野が学べます。

TOPへもどる