夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

検索結果一覧へ戻る

講義No.10107

予防医療を可能にする「ウェアラブルデバイス」

少しの採血量ですばやく分析

 血液採取は臨床検査の基本です。採取された血液は検査機関に送られ、分析に一定の時間が必要です。患者は検査結果を待たなければならず、再度の診断時間を設ける医師の負担にもなります。そこで、採血した場所ですぐに分析できる機器が開発されました。血液を小さなチップに入れ、専用の装置にセットすると数分で特定の成分を検出できます。この検査法では必要な血液量が大幅に減るので、患者の身体的な負担も軽減されます。

体に装着するデバイスで健康チェック

 体に装着することで定期的な健康チェックができる「ウェアラブルデバイス」の開発も進んでいます。1日に数回の血液採取が必要な糖尿病患者向けには、小さな針のついたセンサーを腕に装着すると数分ごとの血糖値が2週間自動的に計測できる機器が販売されています。例えばこのセンサー自体に発電機能があれば、稼働期間をもっと伸ばし、さらに複雑な機能を持たせることもできます。そのため、酵素を利用した燃料電池や、心臓の拍動をエネルギーに換える電池など、体の中で動く電池の研究も進められています。将来は人体に埋め込む装置や、コンタクトレンズ型のデバイスなど、より多岐にわたる機器が実用化されるでしょう。

新たな医療機器が医学を支える

 生体に直接触れる医療機器は、生体適合性のある材料で作られる必要があります。1980年頃までは既存の工業用材料の中から生体に問題のないものを選んで使用されてきましたが、現在は必要な機能を求めて、機器に適合する材料を一から作り出すようになっています。また、IoT機器の発達により、さまざまなデータを取得して医療分野に生かすことが期待されています。
 少子高齢化が進む日本では、医療提供体制の見直しが進み、在宅医療の普及を推進しています。加えて、将来の医療費を抑制するためには、病気の発病を未然に防ぐ予防医療が必要です。新しい医療機器の開発は将来の医学の未来を支えることになるのです。


この学問が向いているかも マテリアル工学、材料工学

東京大学
工学部  教授
高井 まどか 先生

先生の他の講義を見る
先生がめざすSDGs
メッセージ

 高校生はなんでもやりたいと思う年頃なので、将来の夢がひとつだけに決まっているという人は少ないでしょう。いまはインターネットなどから多くの情報が得られるので、いろいろな楽しさにまどわされ、ときには人に流されてしまうこともあるかもしれません。
 しかし、あふれる情報をうまく利用して、何ができるのか、何が好きなのかを、自分の中にしっかりと持つことが大切です。好きなことは長続きします。ぜひ、自分の好きなことをひとつ見つけてください。

先生の学問へのきっかけ

 私は小学校の頃、小児リウマチという病気を患い、よく熱を出していました。なかなか体に合う薬がなく、いつも母親が大変な思いをして効く薬を探しに行く姿を見ていたことから、大きくなったら医療関係の仕事に就きたいと思っていました。薬剤師への道を考えていた高校生のとき、担任の先生から「あなたはクリエイティブに何かを作る職業の方が向いている」と言われたのが、大学進学で工学部を選んだきっかけです。半導体などの研究を経て、現在はもともとやりたかった医療に関わる材料開発の研究に携わっています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

総合化学メーカー研究職/医療機器メーカー技術開発職・技術総合職/材料メーカー技術開発職/総合電気メーカー技術開発職/総合電気・化学メーカー知財部門・総合職/国立研究開発機関研究職

大学アイコン
高井 まどか 先生がいらっしゃる
東京大学に関心を持ったら

 東京大学は、学界の代表的権威を集めた教授陣、多彩をきわめる学部・学科等組織、充実した諸施設、世界的業績などを誇っています。10学部、15の大学院研究科等、11の附置研究所、10の全学センター等で構成されています。「自ら原理に立ち戻って考える力」、「忍耐強く考え続ける力」、「自ら新しい発想を生み出す力」の3つの基礎力を鍛え、「知のプロフェッショナル」が育つ場でありたいと決意しています。

TOPへもどる