夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09469

語彙が多いのはなぜ? 日本語を豊かにした「ひねり」と「かさね」

日本文化にはオリジナルが少ない?

 日本文化とされるもののルーツをたどってみると、中国や韓国などの外国文化にたどりつきます。日本でゼロから生まれた文化はそれほど多くありません。歴史的に見ると、日本人は基となった外国文化に「ひねり」を加えていくことで日本文化を発展させてきたことがわかります。また、日本では新旧や国を問わず、多くの文化が共存しています。こうした「かさね」という重層性も、日本文化の特徴のひとつです。

日本語に生き続ける「ひねり」と「かさね」

 日本語にも、「ひねり」と「かさね」が生きています。例えば、ひらがなやカタカナは中国由来の漢字にひねりを加え、早く楽に書けるようにしたものです。また、日本人は用途によって文字を区別して、数種類の文字をかさねて使い続けています。
 語彙(ごい)にも同じことがいえます。日常生活に必要な日本語の語彙は10,000語程度とされていて、ほかの言語と比べてとても多いのです。外来語の「ホテル」を漢語で「旅館」ということもあれば、和語で「やど」ということもあるように、日本語では同じ対象を複数の語彙で表現することができます。これは、さまざまな言葉を吸収し、受け入れてきた結果です。

「すぐに」と「すみやかに」の違い

 新横浜駅の新幹線ホームで「停車後、すみやかに発車いたします。」というアナウンスが流れてきました。この「すみやかに」という言葉、「すぐに」と意味は似ていますが少し硬い感じがします。いったい、こういった言葉はいつからあったのでしょうか。例えば『源氏物語』や『枕草子』など、女性の書いた古文の作品を読んでみると、「とく」という古語がこの意味に相当することがわかります。しかし、同じ平安時代でも、漢文を読んでいた男性たちの書物には、「すみやかに」という言葉が出てきます。現代に生きる私たちの日本語も、共通語一つではなく、方言、女性語、若者語というように複数の言葉があるのと同じく、昔の日本語も貴族女性の言葉一つではなかったはずで、多様であったことがわかります。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 日本語学

東京女子大学
現代教養学部 人文学科 日本文学専攻 教授
山本 真吾 先生

先生の著書
メッセージ

 「日本語」は、当たり前のように使っている空気のようなものです。しかし、立ち止まって考えてみると、そう簡単に説明できるものではないことに気づくでしょう。言葉には奥行きがあり、時代や状況によって変化していきます。そのため、言葉について考えるときは、背景にある文化や歴史を知ることがとても大切です。
 大学では、当たり前だと思われてきたものを疑ってみることで、ものごとを深いところまで考える力が身につきます。あなたの身の回りを丁寧に観察していく材料として、昔の日本語を選んでもらえるとうれしいです。

先生の学問へのきっかけ

 私は奈良県出身で、興福寺や若草山など、身近に古典の舞台がある環境で育ちました。古文では「うつくし」が「かわいい」という意味になり、「おどろく」が「目を覚ます」という意味になるように、同じ言葉でも現代日本語とは意味が異なっていることに興味を抱きました。そこで昔の日本語をもっと勉強したいと思い、古典の教師に紹介されたのが文学部の国語学国文学専攻でした。現在も古文や漢文に由来する言葉の歴史的変遷に注目しながら、いにしえびとの紡いだ日本語を研究しています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

大学教員/高校教員/官公庁文化財保護/博物館学芸員

大学アイコン
山本 真吾 先生がいらっしゃる
東京女子大学に関心を持ったら

 東京女子大学現代教養学部は、全学的に国際性、女性の視点、実践的学びを重視した教育を展開しています。100周年を迎えた2018年に「国際英語学科」「心理・コミュニケーション学科」を新設。また、国際社会学科に新たに「コミュニティ構想専攻」を設置しました。キリスト教精神に基づくリベラル・アーツ教育で自ら考え、知識や能力を行動へとつなげ、社会に出てからも学び続け、さまざまな問題を解決する力を身につけたリーディングウーマンを育成します。

TOPへもどる