夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09431

相互関係を深め、異文化理解も深めるライフストーリー研究

人生のストーリーから、社会的背景がみえる

 人は、それぞれに「人生の物語」を持って生きています。そして、誰かに理解してもらいたいと願っています。人は物語る生き物なのです。ですから、インタビュー調査で話を聞くことで、その人の生きてきた背景が見えてきます。家庭環境、社会的な構造、文化や歴史的な背景が、生き方に影響を与えていることがわかります。
 また一人ひとりの個人的なストーリーを聞くからこそ、概念として知っている歴史や文化、習慣といった背景が身近なこととして浮かび上がってくるのです。

国や社会、業種の構造から物語も変わる

 関係者から話を聞き取って記録としてまとめるオーラルヒストリー研究は、主に歴史研究において注目されています。しかし、社会学においても、ライフストーリーを明るみにする手法を研究に用いることができます。例えば、教師たちにインタビュー調査をしてみると、管理職志向か現場志向かといったキャリア選択の相違によって、ライフストーリーがまるで異なってきます。組織や団体、業界や会社の構造によって、その人の立ち位置でさえ違ってくるのです。
 同じようにアメリカの教師の調査からは、人種やジェンダーといったアメリカ社会の背景が浮かび上がってきます。ヒスパニックか黒人か、移民か定住民か、地域のマイノリティーか否かなどによってライフストーリーは大きく変わります。人種民族問題を重視するアメリカ国家の構造が、人種民族による異なった不満や不安を駆り立てていることも「生の声」として見えてくるのです。

コミュニケーション力を深める力に

 また、20代の人の声を聞くと、若者の思考や興味関心も見えてきます。特に留学生の話からは、各国の受験の状況、持っている歴史観や家族との関わりなどがわかります。その上で、その人自身の人生観や考え方も知ることができます。
 目の前の人から話を聞くことで、文化や習慣、考え方の違いがリアルに伝わります。この手法を通じてコミュニケーション力、さらに異文化理解力も高められるのです。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 社会学

椙山女学園大学
国際コミュニケーション学部 国際言語コミュニケーション学科 教授
塚田 守 先生

先生の著書
メッセージ

 友人や家族は、「なぜそう考えるのか」を、一度考えてみましょう。その考えには、その人の経験や歴史が影響を与えています。そう考えざるを得なかった理由があるかもしれません。普段あまり話していないことを話してみると、互いに理解が深まり、関係性が深まる感覚を得られるでしょう。
 人は「自分の中にある物語」を冷静に分析できたとき、本当の自分を知ることができます。今からぜひ、「自分が持っている物語、本当の自分らしさは何か」を見つめてみてください。

先生の学問へのきっかけ

 私は田舎の町で生まれ育ちました。家庭の経済状況から国公立大学をめざし、3年浪人して国立大学の大学生となりました。大学では英会話力のなさを痛感し、英語の勉強に力を入れました。ある時、国費で留学できる制度を知って即応募し、アメリカの大学に留学し、その後もアメリカから奨学金を得てアメリカの大学院に7年間留学しました。最初は統計的な社会学を研究していましたが、インタビュー調査で研究している教授から影響を受け、インタビュー調査から社会を検証する研究に夢中になり、今も多くの人の話を聞きながら研究しています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

さまざまなメーカーの国際部門/海外貿易に携わる商社/航空会社(CA)/空港勤務/銀行/証券会社

大学アイコン
塚田 守 先生がいらっしゃる
椙山女学園大学に関心を持ったら

 時代をこえて
 自立した女性を育む
 女子総合大学として。
 
 椙山女学園大学の起源は、明治時代に創設された女学校にあります。日本が真に伸展するためには、女子教育を向上させ、女性がもつ力を社会の中で生かすことが不可欠と信じ、時代に即した先進的な学びに取り組んできました。そのスピリットは今に受け継がれています。いつの時代も揺ぎない一人の人間としての価値観を育み、凜と生きるしなやかで逞しい力を養成する女子総合大学ならではの豊かで多様な学びが、ここにあります。

TOPへもどる