夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09416

ネットいじめはなぜ「痛い」のか 学校臨床教育学の視点から探る

教師と児童・生徒との「距離感」の変化

 教師には、教科内容を教えること以外に、児童・生徒が学校生活を順調に送れるよう指導するなどの大切な役割があります。近年、「学級崩壊」や「不登校」といった問題に直面し、「生徒の心がわからない」と悩む教師も少なくありません。教師と児童・生徒との「距離感」が昔とはずいぶん違ってきていることも、問題の背景にあるようです。子どもたちや学校をめぐる社会環境が大きく変化する現在、教師がその役割を果たしていくには、今の子どもたちの実態に沿った新たな知見が必要です。

複雑になる子どもたちの人間関係

 近年の子どもたちの学力の変化とその要因を調査してみると、急激な成績低下が起こる原因として、子どもたち同士の「人間関係の軋轢(あつれき)」が見られます。大人が思う以上に子どもたちの人間関係は複雑化しているのです。従来の「いじめ」はクラスや部活動などの集団から特定の子を排除するのが主なパターンでしたが、今は、いつも一緒にいる集団の中にいじめの対象となる子を入れておくケースが多くみられます。一見、同じグループ内で仲良くやっているように見えても、ターゲットになった子は逃げ場がなくなるので事態は深刻です。

社会の動きが教育現場に与える影響を探る

 今の子どもたちの大半は、学校でのリアルな人間関係のほかに、ネット上での人間関係にも気を配り生活しています。リアルでのちょっとした出来事がまたたく間にSNSで拡散されることもあります。そのためか、自分の表情を他人に読み取られないようにしようといつもマスクをして登校したり、昼食をひとりで食べている「ぼっち飯(めし)」を見られるのを恐れて、みんなから隠れて食べたりといった、以前にはなかった行動の数々がみられます。
 このような大人には一見不可解な行動や、その背景にある意識と社会との関連を、実際に子どもたちを対象とした調査分析によって探り、教育の現場に役立つ知見を得ようとする学問が「学校臨床教育学」なのです。

ネットいじめはなぜ「痛い」のか

夢ナビライブ2019 大阪会場

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 教育学、教育社会学、学校臨床教育学

佛教大学
教育学部 教育学科 教授
原 清治 先生

メッセージ

 あなたはもう、将来やりたいことを見つけましたか? そのためには大学で何を学べばよいか、ぼんやりとでも見えているでしょうか? 大学選びでは、ぜひ「やりたいことが学べる大学」を見つけてください。
 まだやりたいことがわからないなら、できるだけ多くの大学のオープンキャンパスを訪ねてみてください。全く興味がないと思っている分野でも、話を聞いてみると、なんとなく心にひっかかるものがあるかもしれません。そんな「やりたいことのタネ」を探しに、さあ、行動を始めましょう。

先生の学問へのきっかけ

 教員養成を専門とし、学校で起こっているさまざまな問題の背景にある要因や問題の起こるメカニズムについて研究しています。もともとは教員志望でしたが、学生時代の恩師の先生の「高校の先生になれば、ひとクラス40人の想いを受けとめることができる。でも教員養成の道へ進めば、君が育てた教員たちが毎年たくさんの生徒を教えることになり、君の想いはもっと多くの人に伝わって世の中の役に立つよ」という言葉に感銘を受け、教育学の研究へ進む決心をしました。子どもたちの生き方に関わる教師には大変な責任があり、崇高な仕事です。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

小学校教諭/中学校教諭/高等学校教諭/幼稚園教諭/保育士/公務員(一般事務、教育行政、相談員、警察など)/教育関係関連企業(出版、教育事業、学校学習教材、学習塾など)

研究室
大学アイコン
原 清治 先生がいらっしゃる
佛教大学に関心を持ったら

 「学んだ知識を、生きる力へ。」
 佛教大学は1912年に開学。現在は、学生数約6,300名、7学部14学科を有する総合大学に。各学部・学科の特性を生かし、卒業生は企業・教育・福祉・保健医療を中心にさまざまな分野で活躍しています。
 2019年度からはすべての学部・学科で新しいカリキュラムを導入。学生の希望に応じた学び方ができる科目を豊富に用意し、目標に確実に近づけるようになりました。
 毎年多くの学生が教員免許状や資格を取得していることも特色。2017年度卒業生では述べ1,600名以上が取得しています。

TOPへもどる