夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

検索結果一覧へ戻る

講義No.05400

飛脚はなぜ1日200kmも走れたのか――答えは「古武術」にあり

古武術の基本姿勢

 現代人に多いのが、猫背で骨盤が後ろに倒れたいわゆるS字姿勢ですが、この姿勢は脚腰に無理な力が入ります。これに対し、お尻を斜め上にあげるような気持ちで骨盤を前に倒し、肩甲骨を後ろに引き、背骨を下から積み上げるような意識で立つのが古武術の基本姿勢です。背筋と腹筋のバランスが取れ、無駄な力はどこにも入っていません。この応用で、股関節を後ろに引く(=骨盤を前に倒す)ように脚の付け根を曲げて中腰になると、横から強い力で押されても余裕を持って耐えることができます。人は正しい姿勢を取ることで本来の力を引き出せる、これが古武術の考えです。

現代人と違う昔の人の体の使い方

 今と違って昔は、生活とはすべて「体を動かす」ことが基本でした。古武術とは明治維新以前から日本にあった武術の総称ですが、昔の日本人の動作の基本を表す身体技法でもあります。
 江戸時代の飛脚は江戸~大坂間の約600kmを3日で走りました。現代の陸上競技の選手にもまず不可能なことを、彼らはなぜできたのでしょう。最大の理由は「地面を蹴らずに走った」ことです。体を前に倒していくと自然に脚も前に出ますが、彼らはこの要領で、体の重心を前に崩し、倒れかけたところに脚がついていくような走り方をしていました。筋力で脚を上げたり蹴ったりする必要がない、効率の一番良い走り方です。
 また、2人の女性が米俵5俵(300kg)を担いでいる写真も残っています。今のスポーツ界でも300kgスクワットできる人はそうはいません。このような状態で立てるということは、相応の姿勢を取っていたということです。

バイオメカニクスと古武術の融合

 バイオメカニクスという、人間の動きを力学的に分析する学問が注目されています。古武術とは一見、両極端な分野ですが、人間の動きの本質を追究するという理念は同じです。バイオメカニクスと古武術の両方をスポーツに取り入れてより高いパフォーマンスをめざす、そんな研究が始まっています。


スポーツを科学と古武術の観点で考えよう

この学問が向いているかも 競技スポーツ学、スポーツ学、スポーツ科学

びわこ成蹊スポーツ大学
スポーツ学部 スポーツ学科 教授
高橋 佳三 先生

先生の著書
メッセージ

 私はスポーツバイオメカニクスという科学的な手法と、古武術という感覚的な手法を通じて、人間の動きの真理を追究しています。両極端な研究をしているねとよく言われますが、アプローチの方法が違うだけでめざすものは同じです。
 大学は自分で自分を高めていくところであり、そのための学び方を学ぶところです。スポーツでも研究でも、なんでも構いません。常により高い志を持って学び続けたいと考えているあなたにとって、びわこ成蹊スポーツ大学は、すばらしい環境が整っています。ぜひ一緒にスポーツ学を追究しましょう!

先生の学問へのきっかけ

 私は小学生の頃から野球を始め、大学まで主に投手をしていました。しかし、自分の半分の筋力しかなかった同級生に、なぜか球速で負けていました。そんな大学2回生の時、スポーツバイオメカニクスと出会い、「どうしたら上手くなるのだろう」と、科学的な手法でスポーツを分析するこの学問に打ち込むようになりました。また、元巨人の桑田真澄投手が古武術を取り入れて不振から脱却したと知り、古武術が研究や指導法に役立つと直感しました。それまでわからなかった「感覚的なこと」が、古武術の体の使い方を知ることで見えてきたのです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

中学・高校保健体育教員/小学校教員/パーソナルトレーナー/警察官/消防士/健康運動指導士/作業療法士/スポーツ関連企業/金融機関/旅行会社/大学院進学 など

大学アイコン
高橋 佳三 先生がいらっしゃる
びわこ成蹊スポーツ大学に関心を持ったら

 本学は、体育大学ではなく日本で唯一のスポーツ大学として“新しいスポーツ文化の創造”を目指しています。年齢や性別や境遇を超え、スポーツを全ての人々に楽しんでもらいたいと願い、新たな挑戦を続け進化していくためにスポーツを総合的な視野から見つめ、深い知識と実践力を備えた人材の育成を心がけています。また、自らの可能性を新たに発見し、主体的に学ぶ積極的な姿勢を身につけ、前向きに働きかける事ができる人間力を養っています。私達と共に学び、“夢”を実現させましょう。ぜひ本学でお会いできる事を楽しみにしています。

TOPへもどる