一覧へ戻る

将来に必要となるスキルを学ぶ ~観光編~

高校1年生 なぜ大学に行くのかが分かりました。いろいろな話が聞けて良かったです。
高校1年生 専門的なことよりも、コミュニケーション能力などの社会的能力が必要だということが分かりました。
高校2年生 観光業界は人手不足だということがわかりました。
高校2年生 将来に必要なスキルといえば、大学卒業の資格とかかなと思っていたけど、他にもいっぱいあって、自分は大丈夫なのかなと考えさせられた。そして、人口減少は大きな問題だなと思った。
高校1年生 客の人たちが満足して帰ってもらうように考え、満足してもらえたら、また次も来てくれると思うから、それが一番大切だと学んだ。
高校1年生 将来役立つスキルは、コミュニケーション能力が必要だと気づき、人との接し方を改めようと思いました。
高校1年生 大学に必要なスキルを教えていただきありがとうございました。
高校2年生 細かく教えていただいてそれに、図や表をみせてくださって分かりやすかった。
高校1年生 将来に必要なスキルをたくさん学ぶことが出来ました。
高校1年生 これから日本は観光客がどんどん増えていくと思うし、興味を持った。
高校1年生 ためになった。
高校2年生 いろいろな話を聞くことができて良かったです。
高校2年生 在学中に必要なことと社会に出て必要なことは違うということが知れた。
高校2年生 将来必要になるスキルを知れ、自分に必要なことや将来像が少し持てました。学部の特徴が知れてとても良かったです。
高校1年生 日本に来る観光客の満足度がよくわかった。またコミュニケーション能力のたいせつさがわかった。
高校1年生 入社後には財務管理というスキルを伸ばさなければいけないということが分かりました。コミュニケーション能力、プレゼンの能力って大事ですね。
高校2年生 よくわかりました。ありがとうございました。
高校1年生 最初は先生が出された問いの答えが分かりませんでしたが、講義を聞いてよく分かりました。ありがとうございました。
高校1年生 難しい言葉も出てきたけど、学んだスキルを大事にしていきたいと思いました。
高校1年生 行ってみたい学部がもっといってみたくなりました。
高校2年生 いろいろ教えてくださりありがとうございました。
高校1年生 将来に備えるべきスキルが分かり、これからの目標ができた。
高校1年生 とても勉強になった。
高校1年生 マトリックス図などの図をつかいわかりやすいせつめいでした。さらにデータを明確化すればさらに発見が出来ると思いました。
高校2年生 社会で必要なこと、スキルがよく分かった。
高校1年生 将来、必要となるスキルを身につけたいと思いました。
高校1年生 社会人で必要なスキルがわかりました。
高校1年生 授業がどんな感じか気になりました。
高校1年生 観光業や大学についてしっかり分かり、良かった。
高校2年生 観光について知れてよかったです。
高校3年生 アンケート等の資料を提示しながら、わかりやすかったです。人が集まるために逆算してマーケティングしていくことの重要性がわかりました。
高校2年生 やっぱりコミュニケーション能力は必要なんだなということを思い知らされた。
高校1年生 ビジネスについていろいろ知れてよかった。
高校2年生 前知識を持っていたのでスムーズに聞くことができました。
高校2年生 とても難しかったです。
高校1年生 夢ナビトークで興味をもって講義ライブに参加しました。将来(2020)のことが、すごく分かってこれからは少し文系にも力を入れようと思った。
高校1年生 ただ観光するだけでなくいろいろなことを考える必要があると思いました。
高校1年生 将来必要な能力を学べたのでこれからの生活で意識していきたいです。とても勉強になりました。ありがとうございました。
高校1年生 とても面白かったです。経営学について話を聞きたいのは初めてでしたが、とてもわかりやすく面白かったです。
高校2年生 日本語だけ説明するのではなく、英語をとりいれて、説明してくださったので、わかりやすかったです。
高校1年生 将来についてよく考えれた。学ぶ理由などもいわれていて、分かりやすかった。
高校1年生 将来に必要なことと能力がわかって良かったです!これからの生活で今日習ったことを生かしていきたいです!
高校1年生 大学を出た後、社会→何が求められているかを理解できた。
高校1年生 「大学では将来に必要なスキルを学ぶ」絶対忘れないようにします。仕事はそれをどう活かして行動するか。
高校1年生 観光についてより分かりやすい説明をきけて、自分のなりたい職業が少し広がりました。もっと視野を広げたいです。
高校2年生 先日、父親から似た話をきいたなと思いながらきいていて、すごく将来に役立ちそうと感じた。
高校2年生 ありがとうございました。
高校1年生 コミュニケーション能力が雇ってもらうときに必要なんだなと思いました。
高校2年生 あまり、観光の仕事について、考えたこともなかったけど、なんとなく知れたからよかったです。
高校2年生 観光のことについてよく理解をすることができました。満足度は低いけど需要が高い状況が良いということを知れてとてもおもしろかったです。
高校2年生 わかりやすい説明でよかった。
高校1年生 ありがとうございました。
高校1年生 観光と経済がどのようにつながっているか分かった。
高校1年生 観光についてくわしくしれました。
高校1年生 図が多くてわかりやすかった。
高校2年生 とても分かりやすい説明で行きたいと思う気持ちが高まりました。
高校1年生 将来コミュニケーション能力がとても役立つということを知りました。
高校1年生 経営学は3つに分かれることを知りました。私は商学に興味があったので、よりもっと学びたいと思うようになりました。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 観光産業 、
  • マーケティング 、
  • サービス 、
  • 外国人観光客 、
  • 観光 、
  • 課題 、
  • ビジネス 、
  • 生産性 、
  • インバウンド 、
  • コミュニケーション 、
  • グローバル 、
  • 経営 、
  • 国際

講義No.g008949

成長する日本の観光産業でのマーケティングの生かし方

訪日外国人観光客が急増する日本

 グローバル経済の進展にともない、多くの国の観光産業は成長しています。交通アクセスなどのインフラが整備され、古くからある伝統文化と新しい現代的な文化がある日本は、観光地として魅力的な国であり、アジア各国を中心に海外から多くの人々が日本を訪れるようになりました。観光の国際競争力も総合的には高い評価を得ていますが、その一方で環境変化のために、いろいろな問題が発生しています。

観光産業で成功するために

 観光産業の多くは、観光客にサービスの提供を行っています。しかし、現在のサービス産業は労働集約型産業であり、たくさんの人々の労働力を必要とします。これに従事する人の多くは不安定な非正規雇用の立場で働き、平均給与も高くありません。このことは観光産業の生産性の低さを意味しています。急速に成長するインバウンド(訪日外国人観光客)市場では、これまでのビジネスモデルを転換するため、コミュニケーション手段の外国語はもとより、経営学やマーケティングなどを理解した、生産性の向上を可能にする人材が必要になります。

知っておきたい手法はコレ

 今の社会では、複雑な課題を解決する能力が求められています。特にビジネスの現場でその課題を解決できれば、会社の利益を上げることになるでしょう。そのためには、「現状を分析し、目標を設定する」「設定した目標に対し、今はなぜそれができていないのかを分析する」「対策を立て、実行する」「実行した結果を検証し、次の方法を考える」という流れ、いわゆるPDCAサイクルが必要になります。また「マーケティング戦略」の実践には、マーケティングリサーチにより、観光客の行動の法則性を探し出し、「こうした場合にはこのような効果が出る」ということを予測しなければなりません。ビジネスである以上、最大の効果を引き出す方法を模索する必要があるわけです。このような手法は観光分野だけではなく、さまざまな分野でのビジネスの現場で役に立ちます。

この学問が向いているかも 経営学、マーケティング

福知山公立大学
地域経営学部 地域経営学科 准教授
加藤 好雄 先生

メッセージ

 私は若い頃に海外の多様な文化や情勢の変化する国々(約100カ国)を訪ね歩き、価値観の違う人たちの意見を知ることで、考え方が柔軟になりました。環境に適応するのは大切ですが、それだけではなく、環境は変化していくことを知ることで、現在の環境に依存しない自分を持つことが大切です。
 就職することで多くのことを経験することができますが、主体的に学び続ける姿勢と知識は、大学時代に身につけるものです。グローバル化する社会は自分にとってチャンスだと感じられるように学びの準備をしましょう。

先生の学問へのきっかけ

 20代の頃、さまざまな文化や街並みを見るのに興味を持ち、いろいろな国々を見て歩きました。帰国後は、不動産会社に就職し、いずれ独立するためには必要だと思い、大学院で経営学を学ぶことにしました。その時に出会った指導教授が観光やまちづくりの研究をしていたことで、観光の世界へと足を踏み入れました。そこで、旅行者の行動を分析することが面白く思えたのです。マーケティングやデータの分析により、サービスに対する顧客満足度を測ることでデータ化し、サービスのパフォーマンスが目で見えるようになるのです。

大学アイコン
加藤 好雄 先生がいらっしゃる
福知山公立大学に関心を持ったら

 2016年4月に開学した京都の新しい公立大学です。地域経営学部は、地域社会の事業体が、地域社会のあらゆる資源を有効に企画・運営・管理することにより、地域社会づくりや創り直しに寄与し「持続可能な社会」の形成に貢献するための学修を行います。2020年開設の情報学部は、先端情報技術を地域の生活や産業のあらゆる分野に応用し、暮らしを豊かにして、社会の安定に寄与する地域モデルを構築するための学修を行います。両学部ともに、地域住民・団体と協働して学び、研究を深める「地域協働型教育研究」が学びの特徴です。