一覧へ戻る

人生は無意味だとはどういう意味なのだろう

高校1年生 今まであまり考えてなかって分野だったけれど、興味をもつことができました。
高校1年生 人生をいろんなことに例えて実におもしろい講義だった。時間があれば質問したかった。
高校1年生 私も時々何のために生まれたのか、人生に意味はあるのか?と思うことがありましたが、今回の講話は高一がふと思うような内容ではなくその本質へと迫っていくようなもっと深いものでした。
高校1年生 人生はあきらめなければきっと道は開けるんだなと思います。人生楽しんでいきたいです。
高校2年生 今回の講義を受けてみて、哲学は、とても身近にあるものだという事が分かりました。哲学は、たくさん学える事が大切だと分かりました。
高校1年生 哲学は難しいかと思っていましたが、好感のある先生のお話ですんなりと内容が入ってきました。哲学に対して少し興味をもちました。
高校1年生 哲学の面白さを実感できました。
高校1年生 楽しかった。
高校2年生 とても面白かったです。もともと哲学には興味があったのですが、今回の講義でさらに興味がわきました。ありがとうございました。
高校1年生 人生という大きなテーマを自分なりに考えることで、これから自分が何をしたいのかを考えることができました。難しい学問ですがとてもおもしろかったです。
高校1年生 「人生は無意味だ。」という事の意味を、いろいろな方向から分解して『考える』哲学という学問について興味がわいてきました。
高校1年生 人生の無意味さについてとても深い話をしてもらい、とても難しいと感じました。
高校2年生 難しかったけどたのしかった。
高校1年生 哲学がどのような学問であるかが分かりました。その問いについて根本的なところを考えるのは難しいし、答えを出すのも大変だと思いました。
高校1年生 てつがくは難しいと思いました。
高校1年生 人生について深く考えさせられた。よかった。
高校1年生 最近将来のことについて悩むことがあって、それの解決の糸口を見つけられれば、と思い、飛び入りで参加しました。話は少し難しかったですが、おもしろい講義でした。ありがとうございます。
高校1年生 ホワイトボードを使って講義をしてくれたので分かりやすかったです。哲学はやっぱり面白い。
高校1年生 答えのない学問である哲学は考える過程に意味があるのだと再認識しました。
高校1年生 人生が無意味だと思うのは何でなのか、どうすればいいのかを考えることができました。
高校1年生 哲学について考えられて良かったです。ありがとうございました。
高校1年生 人生についての話は総合的に見て、むずかしい論題だと思った。手段と目的についてのところが1番分かりやすくて納得がいった。
高校1年生 考えることが好きなので、共感する場面が多かったです。
高校1年生 哲学は面白いなと思いました。たしかに難しいと感じますが、それ以上になにか物事の本質に触れられている気がして興味深いと思います。
高校1年生 ムズイだけど面白い。
高校2年生 元々哲学に興味があったが、さらに興味をもった。
高校1年生 人間はむずかしい。
高校1年生 哲学に興味をもっていたので、とてもおもしろいと感じた。
高校1年生 考えることは好きですが哲学のようにほぼ答えが無しに等しいものについて考えるのはとても大変でした。しかし、哲学に触れられて楽しかったです。
高校1年生 少し難しく感じましたが、おもしろかったです!
高校1年生 哲学はやはり難しかったですが、「どうせ、いつかは死ぬんだから」という言葉についての説明がとても面白かったです!!
高校2年生 人生の意義を探せるきっかけとなった。
高校1年生 哲学や、考えたりすることが好きなので、とてもたのしく講義をすけることができました。
高校1年生 人生についてとても考えさせられる講義でした。とても、ためになりました。
高校1年生 新たな考え方があると分かった。
高校1年生 簡単そうな質問が考えるととても難しかったです。
高校1年生 こういうことを考えることが元々好きで、話をきくのが楽しかったです。
高校1年生 今回の講義では哲学について人生についてわかりやすい説明をしてもらったので、これからの人生に意味をもたせたいと思いました。
高校1年生 何が問題なのか、それについてどう考えるべきなのか、順を追って説明してくれて、分かりやすかった。
高校1年生 質問もさせて頂き、楽しかったです。
高校2年生 哲学の問い方を知ることが出来、非常に興味深かった。
その他 哲学について関心が高まった!
高校2年生 哲学に興味がわきました。
高校1年生 「人生が無意味」という言葉の奥にこんなに奥深い議論要素があるとは思ってもいませんでした。先生の講義を聞いて哲学に興味をもてました。
高校1年生 哲学とは何か、考える機会となりました。先生もとてもユニークで、ライブ後の質問にも気さくに話して下さり、とても話しやすくて楽しかったです。また機会がありましたら、ぜひお話をしたいです。
高校1年生 哲学は裏の裏の裏を考えるのでおもしろいなと思いましたが、難しいなとも思いました。
高校2年生 人生が自分で変えられることがわかった。
高校1年生 哲学ということを知った。
高校1年生 とてもおもしろい講義だと思いました。
高校1年生 哲学をまなんだことがはじめてでした。かんたんなことを深く考えると難しいなと思いました。
高校1年生 とてもためになりました。
高校1年生 哲学の面白さに触れることができました。
高校2年生 どんなに優れた人間もそうではない人間も死という結末は感じなので人生は無意味かとすこし思いました。
高校1年生 とても共感できました。昔からよく悩んでいたのでありがとうございました。
高校2年生 哲学は主張の意味を問うと知り、どういう意味なのか、理解を深めることができてよかったです。考えなくてもいいことでも考えるのもおもしろいと思いました。
高校1年生 とても難しい内容でしたが、ユーモアをまじえたもので、すごく分かりやすく、楽しかったです。
高校2年生 哲学への興味がふかまった。
高校1年生 いままで興味のなかった哲学に少し興味がわきました。
高校2年生 考えるのが楽しそうだった。
高校1年生 もともと哲学に興味があったので、とても面白くきかせていただきました。「哲学とは、何をしている学問か」ということを知れてよかったです。ありがとうございました。
高校1年生 聞いていくうちに考えが深まっていき、何故・どうして・と自分の思考にもぐり込んでいきそうにもなりました。30分だけでは物足りない程で、もっと聞いてみたいです。
高校1年生 人生は無意味だということをくわしく考えたことがなかったのでおもしろかったです。
高校1年生 自分に理解できるところも理解できなかったところもあるけど、分からないなりにこの30分でたくさん考えたりできてよかったです。
高校1年生 私は人生が無意味だとは思ったことはありませんでした。しかし、人生にも目的は持っていないので、まず、目的を探してみます。
高校1年生 人生は自分のために頑張ろうと思った。
高校1年生 “哲学”に対するイメージをあまりはっきりと持っていなかったけれど、この授業でどういうものかを理解できた。なかなか難しい問いで答えは出せないけれど、面白さを感じました。
高校1年生 マイナスなはなしかと思ったけど、よく考えるきっかけになっておもしろかった。
高校3年生 ありがとうございます。
高校1年生 哲学に対してはもとから興味があり、今回講義を聞けてよかったです。今回講義を聞けてよかったです。自分で考えることがすきで、自分は哲学に向いているのかな、なんておもいました。(笑)。
高校1年生 哲学については、ざっくりとしたことしか知らなかったけど、哲学って難しいなと思いました。ありがとうございました。
高校1年生 人の感情とかは難しいなと思った。
高校2年生 先生ともっと話をしたいが哲学は文系なので(自分は理系)なので、いけなそうだ。
高校2年生 人生の意味について知れた。
高校1年生 哲学は難しいイメージがありました。ですが、講義を聞くうちに、質問そのものを問うというところが独特なところで確かに自分の中でモヤモヤしたものができました。私の中で今までにない学問(?)だなと思いました!ありがとうございました!!
高校2年生 少し難しかったけれど、おもしろい考え方だと思いました。
高校2年生 生人は無意味だという問いが無意味というきもしますが、考えることは大好きなのでとても面白かったです。ありがとうございました。
高校1年生 哲学にとても興味が湧いた。大学では哲学について学びたいと思った。
高校2年生 講義を受ける前は、「人生が無意味」=「結局は死んでしまうから」だと思っていましたが、火の鳥のように不老不死でも無意味な人生が繰り返されるという考えは目から鱗でした。
高校1年生 「人生は無意味だ」の意味がよくわかりました。哲学に少し興味がでてきたので大学でも学びたいと思いました。とてもおもしろかったです。
高校1年生 少し難かしい話ではありましたが、それよりも哲学に対して興味がわきました。
高校2年生 哲学的思考に興味をもった。
高校1年生 とても面白かったです。このような事を堂々と研究できる環境にとても興味がわきました。
高校2年生 「あるテーマの正誤を問う以前に、そのテーマの意味自体を問う」というのが印象に残りました。
高校1年生 哲学と聞くと倫理的に頭を使うというイメージで頭の良い、近寄りがたいというイメージがあったが、今回聞いて、すごく親しみを持てた。
高校1年生 とても興味深かったです。
高校1年生 タイトルに驚いて話を聞いたがとても深い話でおもしろかった。
高校1年生 自分は人生の意味について考えることがよくあったが、今回の授業はとても参考になった。
高校1年生 哲学はもとから興味があったので楽しかった。大学のオープンキャンパスにも参加したいです。
高校1年生 人生のためになるお話で良かったです。
高校1年生 哲学という学問について、よく知れたと思います。私は人生は有意味だと考えました。
高校1年生 人生の無意味さについて、ここまで深く考えて、その考えることの楽しさやおもしろさを知ることができて有意義な時間でした。
高校1年生 哲学とはなにか?この問いは考えるだけではない、まず問題を提示し、そこから考える、考えた結果ふり出しにもどることはよくある、ということを知った。とても興味深かった。
高校1年生 人生は無意味かどうかは「手段→目的」で捉えられないということを聞いてスッキリしました!!心理学とか哲学とか心について考える学問を学んでみたいと思いました。
高校1年生 とても人生のためになる話がきけてよかったです。
高校1年生 自分の想像を越える深さで刺激を受けました。
高校2年生 講義おつかれ様でした。先生のしてくださったお話は、自分の幅を広げるための大きな素材となりました。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 問題 、
  • 脳 、
  • 世界 、
  • 哲学 、
  • 心(こころ)

講義No.g009540

心とは何かを他者との関係から解き明かす

哲学と哲学史

 哲学というと、アリストテレス、デカルト、カントといった過去の哲学者の思想を研究する学問だと思われがちです。もちろんそれもだいじですが、それだけでは歴史研究であって、哲学ではありません。哲学にはさまざまな哲学問題があります。古代から現代までいろいろな哲学者たちが考えてきた問題がありますし、現代に特有の問題もあります。そんな問題を、過去の哲学者たちから学びながら、最後は自分の頭でとことん考える、それが哲学なのです。

心とは何か

 そんな哲学問題の中で、「心とは何か」という問題は、これまで哲学者たちがずっと考え続けてきたものであり、また、現代においてとりわけ鋭く問われねばならない問題です。ふだん私たちは何気なく「心」という言葉を使います。「物より心がだいじだ」なんてことも言います。でも、改めてそれがどういう意味なのかを考えてみると、うまく答えられないのではないでしょうか? これは哲学者だけではなく、誰もが考えてみなければいけない問題です。

「心」と「他者」の関係

 哲学の問題はいくつもの問題が関連しあっています。だから一つの問題を考えていると別の問題に突き当たりますし、ある問題を考えていると、ほかの問題への答えが見えてくることもあります。「心とは何か」という問題も、脳と心の関係などさまざまな問題と結びついていますが、とりわけ「他者とはどういう存在なのか」という問題と強く結びついています。おおまかに言えば、他者と共有できているものが「客観的な世界」とみなされているもので、共有できていないものが「心」に属する、そのように考えることができます。しかし、例えば神の存在などは同じ信仰をもつ人の間では共有できていても、そうでない人とは共有できていないでしょう。そうすると、単純に「心」と「客観的世界」に二分するわけにはいきません。では、どうなっているのか? まだまだ考えなければいけない問題は続きます。

この学問が向いているかも 現代哲学、分析哲学

立正大学
文学部 哲学科 教授
野矢 茂樹 先生

メッセージ

 「哲学」という、デカルトが何を言ったとか、カントが何を言ったとか、そういうことを想像する人が多いと思います。それもだいじですが、けっきょくは自分の頭でとことん考え、ふだん当たり前だと思っていることをもう一度見つめ直すことが哲学の力なのです。その力を、哲学を学ぶことを通して身につけてもらいたいと思っています。立ち止まって、「自分が何をやっているのか」「これは何なんだ」ということを考えられないのは、本当に危険なことです。ぜひ大学の授業でそういう力を鍛えていってください。

大学アイコン
野矢 茂樹 先生がいらっしゃる
立正大学に関心を持ったら

 立正大学は、人間・社会・地球をトータルでケアできる人材を育成する8学部15学科を有し、多彩な学問分野において広く深く学ぶことができます。加えて充実したキャリア形成支援により、社会の多方面で活躍する優れた人材を輩出しています。本学は1872年(明治5年)東京・芝に開校の起点となる小教院を設立し、2019年で開校147年を迎えました。品川キャンパスは山手線2駅から徒歩5分の都市型キャンパス、熊谷キャンパスは東京ドーム約8個分の広大な自然環境型キャンパスをもつ、学生数1万人を超える総合大学です。