一覧へ戻る

身近な動物「イヌ」の真実知ってますか?

高校2年生 人間の欲望だけで改良されてしまった犬は、病気になりやすくなってしまったり、寿命が縮まったり、呼吸がしにくくなってしまったという事実に驚きました。
高校2年生 ヤマザキ動物看護大には元々行きたいと思っていましたが、今回の講義を聞きヤマザキ動物看護大で動物について学びたいと思いました。
高校1年生 今、犬がかかえているデメリットがよく分かりました。また、自分の家にいる犬に、どういった経緯で品種改良されたのかを調べてみたいと思いました。
高校1年生 人間の意向によって犬の姿形が変えられるとは思わなかった。
高校1年生 犬という身近な動物について良く分かった。人間の都合によって犬に様々な影響及んでいることを知った。
高校1年生 人が犬を都合よく形態変化させてしまっていることで、苦しんでいる犬が多くいることを知りました。それを私たちがケアしていかなければならないなと思いました。
高校1年生 犬にきょうみをもった。
高校1年生 犬が人間によってどれだけ変化していったのか、などを知り、少しでも犬の生活しやすい環境をつくり、トリミングなども犬のことを考えたものにしたいと思いました。
高校2年生 どのようにして犬の犬種が成り立っているのかなど知ることができた。イヌは人間の欲望によって変えられてしまい、健康管理ができていないというのが現状であると知ることができた。
高校1年生 わかりやすく、1つ1つのことを丁寧に教えて下さる講座でした。
高校1年生 人間の欲求によってイヌは改良させられていて私たちには感じとることのできない苦しみがあったりととても奥深かったです。もっとくわしく知りたいと思いました。
その他 とても楽しかったです。犬のさまざまな問題を知ることができました!オープンキャンパスも行ってみたいです。
高校2年生 自分の家で犬をちょうど飼っているので自分の犬やよく見かける犬について、知らなかったことを多く知ることができて良かったです。
高校1年生 犬が、人間によって、様々な姿に変形させられ、病気などを引き起しているなんてとても驚きました。
高校1年生 犬について詳しく知れて良かったです。知らないことばかりでとても驚きました。これからは犬を違う視点からも見てみたいです。
高校2年生 新しい発見がたくさんありました。
高校1年生 人間の身勝手さ、都合で改良された犬の真実を知ることができました。
高校1年生 動物の毛の量や長さは環境の変化によって変わることが分かりました。動物の大きさなどは人間によってコントロールされていることにとてもおどろきました。
高校1年生 身近な犬に対しての見方が変わりました。
高校2年生 私は、この講義を受けて、イヌのことについて、くわしく知ることができました。イヌは、人間によって、大きさや、姿を変えられてしまい、そのために色々な影響があること学びました。
高校2年生 私はとても動物が好きなので今回のこうぎを聞いて、もっとたくさんのことを知り動物を求いたいと思いました。
高校2年生 先生の意見に共感しました。
高校1年生 自分自身もイヌを飼っているので、とてもわかりやすいお話しでした。
高校1年生 犬の真実について知れました。
高校1年生 人が創造した犬だなんて考えたことなかったので勉強になった。
高校2年生 私も犬を飼っているけど、犬は人のケアを受けないと生きられない生物に改良されたのは知らなかったので驚きました。
高校2年生 自分自身、犬を飼っているので、さらに、より深く、犬について考え、知識を得ることができたので、とても良かったです。
高校1年生 今まで、ブルドックやトイプードルなどの特徴的な見た目の犬種は、自然に存在しているものとばかり思っていました。パワーポイントもお話も、わかりやすかったです。
高校2年生 人間が犬にしたことは責任をもってほしいと思いました。
高校1年生 実は犬も大変な思いをしているということを初めて知りました。
高校2年生 犬は人間によってさまざまな形へ変化してしまったことを知った。元はすべて同じ犬だったことを知った。
高校2年生 もともと動物看護師という職業に興味があって、この授業をうけたことでさらになりたいという思いが強くなった。
高校2年生 私の妹がとても犬が好きで犬に詳しいので、こんなこともあるんだねと今日講義ことを話したいなと思った。
高校2年生 イヌの真実を知ることができて、面白かったです。
高校1年生 真近なイヌについて種類やなぜ毛が長い短いがいるのかなど楽しくしれた。
高校1年生 人間のじじょうで改造されて様々な問題をかかえてしまった犬たちのために働いてみたいと思った。
高校1年生 犬の毛は、環境適応をする、また、足は-35℃も凍らないのはびっくりしました。もっと詳しく知りたいことばっかりでした。
高校1年生 すごく自分のためになりました。本当にありがとうございました。これたらまた来たいです。
高校2年生 イヌがすきになりました。
高校2年生 今回一番興味深くて、面白かったです。すごく楽しそうだなと思いました。
高校1年生 私の家で「パグ」を飼っているのですが、このような(先生が説明して下さった犬の背景)ものがあるとは、知りませんでした。もっと可愛がろうと思いました。ありがとうございました。
高校1年生 犬の誕生の歴史や特徴などタくさん知ることができてよかった。これを将来に役立てられたらいいなと思った。
高校1年生 わかりやすかった。イヌのことがよく知れしうれしい。
高校1年生 動物達がとてもかわいそうだなと思いました。そして人間の残こくさを知りました。これを色んな人達に伝えたいです。
高校1年生 今まで私の想像していた犬のことが180℃ひっくり返った事がたくさんあり、おもしろかったですし、大変勉強になりました。
高校1年生 分かりやすい説明でさらに自分の学問への興味がわいた。動物看護に興味がわいた。
高校2年生 今まではただ犬を見てもかわいい!の感情のみだったが、真実を知ってもっと大切にしようと思った。夏の犬の散歩はひかえるべきだと思った。
高校1年生 わかりやすくイヌについてよくわかったのでよかったです!
高校1年生 理解しやすく特に「イヌ」についてくわしくしることができました。また、深く興味を示すことができました。
高校2年生 今、犬種がたくさんいるのは人の欲のせいで増え、その犬たちは痛みをともなっていたので、助けてあげたいなと思いました。
高校2年生 イヌがたんじょうしたことについて知り、人間が改造してしまったから犬が不利になる事が多いと感じた。
高校1年生 細かく犬が抱えている問題を説明してくれて分かりやすかったです。
高校1年生 とても面白かったです。ありがとうございました。
高校2年生 私もイヌを飼っているので、イヌについていろいろ知れてためになりました。
高校1年生 わかりやすく犬について説明していて、楽しく聞けました。
高校2年生 犬について良く理解出来ました。
高校1年生 動物の形態変化ははじめは環境によるものだったとはじめてしった。人間の都合によって犬種が増えはじめたと分かった。考え直す良いきかいだと思った。
高校1年生 とても暗い話ばかりでしたが、とても勉強になりました。
高校1年生 今まだ普通にかわいいと思っていた犬種でも、それぞれ苦労していて、見方が変わりました。ちゃんと理解してもし飼ったとき、気をつけてあげたいです。
高校1年生 犬はとてもかわいいですが、そのはんめん、とてもたいへんなところがあることを知りました。
高校1年生 ペット業界のうらなどはテレビなどで見たりしてしっていたけど、くわしいことや、多くの犬が人間の都合で変えられていたなんて知りませんでした。私も将来動物関係の仕事につきたいので今回の話を忘れず自分で学びたいと思います。
高校1年生 イヌにも様々な種類があり、人のケアなしでは生きていけないものもいるということがよく分かりました。
高校1年生 とても分かりやすくて面白ろくもっと興味がわきました。オープンキャンパスに行きたいと思いました。
高校1年生 今まで知らなかった犬の事が多くとても驚きました。
高校2年生 犬のことについてあまり深く知らなかったので今後調べてみたいと思いました。人間のせいで犬が苦しんでいるのを初めて知りました。
高校1年生 普段目にしている犬が実は生きにくい状態なんだということが分かりました。
高校1年生 私自身も犬を飼っていて、今までは人と犬との関わりについてのみを考えていたが、犬のケアについてや、また、歴史についての話をきけて新しい刺激を受けた。
高校1年生 犬はたくさん種類があるけどその背景にはいろいろな問題があるんだなと思いました。
高校2年生 鼻ペチャ犬では押しこまれているなんてはじめて知りました。体温調整をしているのは口だったなんて驚きました。
高校2年生 1番最初にこの大学行きたい。と思った学校だから直接先生の話を聞けて、よかった。
高校1年生 殺処分をゼロにしたいです。犬に負担をかけたくないです。
高校1年生 とてもわかりやすく、たのしい講義でした。犬は本当に好きなので、助けたいと思いました。ありがとうございました。
高校2年生 今とってもカワイイ姿をしているイヌたちは人間の都合によって変化させられたということを思い知らされて、とても衝撃的でした。
高校2年生 ヒトの都合によってコントロールされたために、人間のケアなしに健康を保つことができないことが分かり、これからイヌなどの物動中心のケアを大切にしていきたいなと思いました。
高校1年生 犬の最初の姿や、気温に適した、姿にかわることが分かった。人の都合で変化させられ、かわいそうに思った。グルーマーはよい仕事になると、すばらしいと感じた。
高校1年生 小型犬、大型犬の問題点について詳しく教えてくださったことがとても印象に残っています。また犬種の名前を細かく話されていたのが勉強になりました。
高校1年生 講義で犬についてやっていたので少しきょうみがあったので選んだけどわかりやすくせつめいしてくれたのでよかったです。
高校1年生 人間が手を加えている。ヒトの都合に合わせてイヌの形をかえてきた。など、興味深いことがたくさんわかった。
高校1年生 とてもわかりやすく、犬にたくさんの種類があるのは人の手がたくさんくわわったからということをしれてよかったです。
高校1年生 犬は人間の手によってかえられたと知り、とてもかわいそうだと思いました。
高校2年生 犬の歴史について学ぶことができた。
高校1年生 人間により、形態を変えられた犬は、生きていく上でたくさんのリスクがあることがわかりました。これからはイヌのことをよく考えてふれ合っていきたいと思います。
高校1年生 今まではイヌはかわいいとしか思っていなかったけど、今回の講義を聞いて少しイヌを見る目が変わりました。
高校1年生 話のテンポがついていきやすく、分かりやすかったです。人間と動物のよりよい共生社会についての関心が深められました。
高校1年生 犬について全然知らなかったけど、この講義を聞いて少し動物について興味を持った。
高校1年生 犬は人がむりやりつくり出して、いろいろな病気を持ってしまったと知ったので、今の私たちにできることはなにか、考えたいです。
高校1年生 犬の体の大きさや特徴には、人間が好き勝手に形を変えていると知ってびっくりしました。
高校1年生 イヌをもっと知れて良かったです。
高校1年生 人がああしたい、こうしたいと言うことだけで、犬がくるしんでいると初めて知り、他の人にも知ってもらいたいと思いました。
高校1年生 犬に対しての意識が変わった。犬が感じてるストレスが増えないように接していこうと思った。
高校1年生 犬についていろんなことを知ることができた。犬は環境によっていろいろ変わることが分かった。
高校2年生 鼻ペチャ犬はフレンチブルドックを利用してつくられた。
高校1年生 イヌの意外なせいたいや気持ちをとても分かりやすく解説していた。ビデオがよかった。
高校1年生 犬は、もともと14kg前後のしば犬しかいなかったというのを聞いて衝撃を受けました。私も犬を飼ってるので痛みとかなるべく気づいてあげたい。
高校1年生 まなびステーションで話を聞いた後に受けたので、更に関心が高まりました。身近な動物が、抱えている病気に気づいてあげられたらいいなと思いました。
高校1年生 それまで気になってみていたイヌの系統図で、今日やっとその疑問が解決しました。学校の国語で習った「近代合理主義」とからんでいて興味深かったです。
高校1年生 分かりやすかった。
高校1年生 私は犬をかっているから、自分にできることは、苦しそうにしていたら、気づいてあげることだと思ったので気づいてあげたいです。
高校1年生 身近なイヌについて人がやらなくてはいけなことを知ることができた。イヌの進化についても学べて良かった。
高校2年生 ・興味深かったです。・犬見る目が次から変わりそうです。
高校1年生 動物の色々な心理を学べた。これからにいかしていきたい。
高校1年生 イヌがもともと1種類だなんて全然知らなかった。そして小さい犬や大きい犬も手を加えずにほっとくと16kgのもとの犬に戻るのは初耳だった。
高校3年生 今地球上にいる犬のほとんどが人間によって改造されており、苦しい思いをしながら生きている犬もいるということを学べて、とても勉強になりました。
高校1年生 イヌについてよく知れてよかったです。
高校2年生 イヌの真実(人の欲求による変化)について、よく理解できました。自分の飼っているイヌも大切にしたいです。
高校1年生 犬の見方がとてもかわり、犬について、とても深くりかいできた。
高校1年生 動物看護のケアというものが普通のケアと違うことがよくわかりました。
高校1年生 説明がとても分かりやすく受けやすかったです。
高校2年生 自分はもともと犬が好きだったのですが、今回の講義を受けて、ただかわいがるだけでなくしっかりと行動をみるようにしたいと思いました。
高校1年生 犬についてたくさん学ぶことが出来ました。犬の足は-35℃でもこおらないことがすごいと思いました。
高校1年生 私も犬を飼っているので、大変ためになる時間でした。
高校2年生 犬について、初めて知ることができたものが、たくさんあって授業も楽しめた。人間によってたくさんの犬種があるということに驚いた。
高校1年生 人間の都合で理想の見た目の動物を生み出すのはやるべきではないことなのだと感じました。
高校2年生 普段目にしている犬が痛みや苦しみを感じているとは思えなかった。
高校1年生 よく理解できました。ありがとうございました。
高校1年生 入りたいと思いました。一番おもしろかったです。
高校1年生 分かりやすい講義をありがとうございました。
高校2年生 犬について、とても分かりやすい説明で看護についてきょう味をもつことが出来ました。
高校1年生 プードルを飼っていたから、犬のことについてもっと知れて楽しかった。
高校2年生 犬の品種や看護にとても興味がわきました。
高校1年生 犬の歴史なども知れて勉強になりました。日頃から身近な動物について考えようと思いました。
高校1年生 今まであまり興味のなかった犬について少し興味がわきましたとてもいい経験になりました。
高校1年生 この講義を受講してみて、もっと犬の気持ちによりそってあげたいと思えるようになりました。
高校2年生 犬は今までにたくさん進化していきたことがわかりました。
高校1年生 犬の特徴がわかった。ブタが環境によって体が変わるのが面白かった。
高校1年生 素晴らしい講義をありがとうございました。質問コーナーでも、様々なことを話すことができましたし、何よりもとても興味深く、おもしろかったです。
高校1年生 とてもわかりやすかった。犬や他の動物についてより深く詳しく聞くことができて良かったです。ありがとうございます。
高校2年生 動物についてよく良ることができました。
高校1年生 鼻をならす姿とか、小さな犬がテトテト歩いてたりするのがわかいかったりするけど、犬がわからすると、つらかったりするんだと思いました。もっと知りたいです。
高校1年生 犬の足は-35度でも凍らないということや、ブタの毛は寒いところだとくるくるになったりと今まで知らなかったことを知れた。
高校1年生 本日はありがとうございました。人間が無理にすがたをかえてしまったことでイヌにふたんをかけていることしり、おどろきました。
高校1年生 人間の勝手で犬を過ごしにくい形にしてしまったり、残酷だと思うことが多くあった。自分は犬を愛しているけどまだ理解できてないこがたくさんあった。
高校2年生 最近動物学について興味はありましたが、知識はありませんでした。この「イヌ」についての講義は初めて知ったことがほとんどでさらに興味をもち、将来の視野にも入れようと思いました。
高校2年生 今まで気にもしてこなかったことを気づかされたような気がします。
高校1年生 犬を飼っているので、その子が快適にくらせているか考えなおしたいと思いました。ありがとうございました。
高校1年生 興味深かったです。
高校1年生 私は犬が大好きなので犬のことについて今よりも沢山大切なことを知れて本当にためになった30分間でした!!
高校2年生 動物の心を知るための基本的なしせいを学びました。
高校1年生 犬のすがたや、14000年前から犬と出会っていて環境に適応できるように人間がコントロールしていることにおどろきました。犬の足が-35度にも適応できたりなかない犬がいることを知っておもしろいなと思いました!
高校1年生 イヌが人間の欲望で本来の姿からどんどん変わっているのが本当におそろしくひどいと思った。暗い話だったけど面白かった。
高校1年生 犬について色々知っているつもりだったけど知らないことばかりで驚いた。人のケアなしでは生きていけないと分かったので、大切にケアしてあげようと思いました。
高校1年生 イヌについて全然知らなかったことが多く、知ることができてよかったです。ありがとうございました。
高校1年生 とてもためになった。
高校1年生 今までかっこいい、かわいいと思って犬をみていたけど犬達がかかえている問題を知って、動物が暮らしやすい環境にすこしでも近づきたいと思いました。
高校1年生 お話がとても上手で聞いているのが楽しかったです。
高校2年生 先生のお話の中で、フレンチブルドックの鼻についてが一番印象に残りました。本日はありがとうございました。
高校1年生 私も柴犬を飼っているので、今日のお話を聞いて、トリミングより犬がより生きやすい姿にしてあげられるグルーミングをしてあげたいと思いました。
高校1年生 人間の勝手により、犬が苦しめられないようにしたいと思いました。
高校2年生 動物の中でも犬は人間のつごうで改良され、飼い主に気づかれないままストレスがたまるのはかわいそうだと思いました。
高校1年生 イヌにはいろいろな犬種がありますが、それらは全て共通したものから、環境によって姿を変えていったということを初めて知りました。
高校1年生 人間が「誇張」してしまった犬のケアを考えることはとても大切なんだと感じることができました。とても興味が持てました。
高校1年生 今まで自分にとって、1番身近だった動物のイメージが変わった。とても興味深い講義だった。
高校2年生 形態変化のことを全く知りませんでした。イヌのことを群しくきけてよかったです。ありがとうございました。
高校1年生 たくさんのことを教えてもらえた気がします。とてもとてもためになったと思います。ありがとうございました。
高校1年生 身近でかわいいペットを好き好き言っていた自分が馬鹿らしくなりました。罪深さを認識しました。
高校1年生 とても分かりやすい講義でした。
高校1年生 イヌは、自分だけでは生きていけないので、飼い主が大切に育てていかなくてはいけないことがよく分かりました。
高校2年生 イヌの知らなかったことがたくさんあり、おどろきました。
高校2年生 犬目線で、犬のための講義が、すごくおもしろかった。
高校1年生 分かりやすくて勉強になった。
高校2年生 看護系にはあまり関心がなかったのですが、おもしろそうだと思いました。
高校1年生 イヌは身近な動物だけど知らないことがたくさんあり人間がしっかりとケアをしていかなければならないなと思いました。
高校1年生 普段「かわいい」で済ませてしまう犬の特微が、「かわいい」では済まされないことを知った。残こくだったが知らなければならない事実を知れてよかった。
高校1年生 色々な犬種がいるのには、そういう真実があったのか、と、初めて知ることばかりで面白かったです。
高校1年生 犬のことや動物のことについて知ることができた。自分で飼っている犬のことも、もっと大事にしようと思った。
高校1年生 犬がどのようにして今の状態に至るのかを知ることができてよかったです。今かわいい犬たちも、人間の手によって苦しい目にあっていたのだと思うととても悲しいことだと思いました。
高校1年生 北極と赤道で犬の毛の量などが変わったりする。そのことは知っていたけれど、とてもおもしろかったです!!
高校1年生 犬の事についてくわしく聞けてよかった。
高校1年生 イヌを飼っているので、これから、たくさんのことにこのちしきを利用したい!
高校1年生 今は、犬がすごく生きることでむずかしいので、そのようなことも考えて行動しようと思いました。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • ストレス 、
  • 品種改良 、
  • ペット 、
  • 犬 、
  • 動物 、
  • 飼い主

講義No.g009501

犬のストレスを見逃せない! そんな分野への挑戦

自分の体そのものが負担になっている犬

 本来、犬はみな体重16キロ程度の柴犬のような姿をした生き物です。今日では大小さまざまな姿をした400を超える犬種が存在しますが、それらは、人間の手によって品種改良を重ねて生み出されたものがほとんどです。つまり、自然に生まれてきた姿ではないため、犬種によってはその不自然な体型や大きさ(小ささ)が原因で、呼吸器や関節などに大きな負担がかかっています。また、本来ならば季節に合わせ自然に生えかわり、長くならない毛もプードルに代表されるように伸び続け、人からのブラッシングやカットなどのケアを受けないと健康を保つことが困難な生き物となっています。

犬の「ストレス」に気づいていない飼い主

 動物はしゃべって人に何かを訴えることができないので、人が知らないうちに動物に負担がかかっているケースは多くあります。例えば犬は、昔からペットとして人気のある動物ですが、飼い主が痛みのある飼い犬の「痛み」に気づいているケースは、実は50%程度という調査結果があります。このことは、犬がストレスを感じたときに出すサインについての知識を持っていない飼い主が多いことが考えられます。

犬を思いやることで生まれる学問

 プードルなど毛の長い犬の毛をドライヤーを使用して乾かした場合、毛の先端の温度は67℃、毛の根元部分では62℃の空気の層が作られます。そして、62℃の空気の層が普段の温度に戻るまで10分程度時間がかかり、その間犬は過酷な熱さにさらされてしまいます。犬は暑さが苦手な生き物です。温風で乾かした後に、犬が「ハァハァ」と暑がっているようならば、冷風で毛の根元付近に溜まっている熱い空気を吹き飛ばしてあげると、犬のストレスや熱中症のリスクをすばやく下げることができます。こんな少しの犬を思いやる工夫をデータとしてまとめ、積み上げていく学問の面白さが、動物看護学にはまだまだあり醍醐味となっています。

この学問が向いているかも 動物看護学

ヤマザキ動物看護大学
動物看護学部 動物看護学科 講師
福山 貴昭 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 自分が本当に好きなもの、絶対に許容できないことをできれば高校生のうちに探しておきましょう。その際に気をつけるべきことは、人の意見に左右されないことと、人の目なんて気にしないことです。あなたの本心はあなた自身にしかわかりません。自分にとことん正直になって、あなたのストロングポイントを見つけてください。
 人に流される必要はありませんが、一方でいろいろな人と出会い、自分と違う考えにたくさん触れるのも大事です。個人的な経験で言うと、極端な発想を持つ人からは何かと新しい発見があって楽しいものです。

先生の学問へのきっかけ

 私は、両親が犬に関わる仕事をしていたことから、子どもの頃からペット業界の人たちと交流する機会が多く、なかなかメディアでは取り上げられないようなペット業界の負の側面について知るようになりました。つまり、ビジネスの世界で不幸になる動物たちをたくさん見てきたのです。就職する頃には「ペット業界はこのままでいいのか?」という問題意識を持つようになり、やがて学問研究の世界からその問題にアプローチしていくことを決心しました。不幸せな犬を1頭でも多く減らしたいという姿勢で研究に取り組んでいます。

大学アイコン
福山 貴昭 先生がいらっしゃる
ヤマザキ動物看護大学に関心を持ったら

 本学は、動物医療を支える高度な動物看護師を養成する4年制の大学として開学しました。動物たちと共に健康に暮らし、よりよい共生社会を築くため、動物看護や動物のリハビリなど幅広い分野についての教育を行っています。また、ヒトと動物の懸け橋となり、動物関連産業分野で活躍するために必要な教育も行っています。