一覧へ戻る

幸福な国スウェーデンの社会システム

高校2年生 スウェーデンに住んでみたくなりました。
その他 分かりやすく、ためになる授業でした。税金や経済について関心が高まりました。今度は幸福の基準や測り方などを知りたいです。
高校2年生 スウェーデンと日本の社会システムの違いが改めて分かりました。
高校1年生 北欧の幸せ度が高いということは前から知っていましたが、それがなぜなのか、そこが今回の講義で理解することができました。
高校2年生 とてもためになる講義でした。個人的にスウェーデンに行きたいと思いました。
高校1年生 国際日本学部について少し興味を持った。スウェーデンに行ってみたいと思った。
高校2年生 とても分かり易く参考になりました。ありがとうございました。
高校2年生 スウェーデンの国と日本の国を比較し、海外の経済についての関心が深まりました。日本の経済の問題点についても調べてみようと思えました。
高校2年生 スウェーデンと日本の社会システムの違いについて、たくさん知ることができました。
高校2年生 先生の実際の体験をまじえてお話してくださったので分かりやすかったです。学部も調べてみようと思います。
高校3年生 スウェーデンには幸せなイメージがあってけれど、本当にすごい国だと思いました。もっと他の国も知りたいです。ありがとうございました。
高校1年生 スウェーデンに行ってみたくなりました!北欧の幸福度が高い理由が分かり、ためになりました。
高校1年生 スウェーデンが幸福な理由が分かった。この社会システムを日本も少し取り入れてすごしやすい国を目指した方がいいのかと思った。
高校1年生 将来スウェーデンに住みたい私からしたら、とても面白い講義でした。
高校2年生 内容がとても理解しやすくて、スウェーデンの税金が高い理由や国民のために使われていることがわかりました。
高校2年生 社会の制度を知って、スウェーデンに住みたいなと思った。日本も税を25%にしたら制度はスウェーデンのようにできるのかなと思った。
高校1年生 日本とスウェーデンの社会の違いについて理解できました。
高校2年生 スウェーデンでは大人でも夏休みが5週間もあるのに、経済力は、日本の1.5倍いとうのがすごいと思いました。社会システムを学ぶのはとてもおもしろそうだと思いました。
高校2年生 スウェーデンの政策に興味を持った。
高校1年生 スウェーデンの良さをパワポなどを使って分かりやすく説明して下さって、今まで興味がなかった学部だけど少し興味が湧いた。
高校1年生 すごくおもしろかった。
高校1年生 幸福な国スウェーデンの特徴や、日本との違いがよく分かりました。スウェーデンの社会のしくみがとても効率的で、才能のある人を男女関係なく使うところが良いと思いました。
高校1年生 スウェーデンの仕組みがよく分かりました。いつか行ってみたいです。
高校1年生 スウェーデンの社会の仕組みがとてもよく分かりました。スウェーデンに住んでみたいです。
高校2年生 気になっている学部の講義がうけれてよかったです!ありがとうございました。
高校1年生 非常に分かりやすく、スウェーデンに対してのメリット、デメリットを理解することができました。スウェーデンに行きたいなと思いました。
高校1年生 30分とても長く感じるかと思ったら、逆にあっという間に時間がすぎていき、とても集中してきくことができました。とても楽しかったです。
高校1年生 関心も高まり、とてもよかったです。これから、勉強にいかしていきたいです。
高校1年生 スウェーデンではそれぞれの才能や個人個人のことを尊重しているので、幸福な国と呼ばれていると思いました。
高校2年生 スウェーデンの社会システムはすごくいいなと思いました。税金が高くなるのは大変だと思ったけれど自分でやりたいことを自由にできるのは自立につながると思った。
高校1年生 消費税25%と聞いて負担が重くてかわいそうだと思ったが、幸福度が上位で驚いた。
高校2年生 スウェーデンに住んでみたいと思い、また、先生のゼミに入りたいと思いました。
高校2年生 説明がとても分かりやすく、スウェーデンが何故幸福なのか、日本との違いは何なのか、よくわかりました。
高校1年生 スウェーデンについて少し分かりました。スウェーデンに行ってみたいと思いました。
高校1年生 日本の国以外の考えの方が納得でき、スウェーデンの考をもっと共有したいと思いました。
高校2年生 外国の社会の仕組みについて深く考えたことが無かったので、スウェーデンの社会の仕組みについて先生のLIVEでよく知ることが出来ました。日本はまだ、変えるべき点が多いと感じました。
高校1年生 スウェーデンは福祉サービスが充実していたり、自分がやりたい事をやれるのは良いなと思いました。日本より生活が充実していそう。
高校1年生 スウェーデンに行きたいと思いました。
高校1年生 スウェーデンの仕組みについてもっと知りたくなりました。
高校2年生 幸せの観点が変わりました。
高校1年生 どのようにしたら幸せな国が実現するのか、よくわかったし、スウェーデンと日本の違いがはっきりわかりました。
高校1年生 スウェーデンと日本では全く考えがちがうのだなと感じました。
高校1年生 スウェーデンについてとてもよく知れました。もともとスウェーデンという国に興味があったので面白かったです。
高校2年生 「スウェーデンは消費税が高い」というのはもともと知っていたけれど、さらに細かい所まで知れて良かった。日本も、他の国の良い所を取り入れ、自分の国をより良いものにしていく必要があると思った。
高校1年生 氷で出来ているホテルがあるなど、スウェーデンに関する興味引かれる情報を知れ、より、興味が湧いた。
高校1年生 私は人生について考えることがあって、幸福な国に行ってみたいと強く思いました。
高校1年生 ・とても分かりやすかったです。
高校1年生 幸福な国スウェーデンに将来いきたいと思いました。
高校2年生 日本とは全く別のシステムを用いているフィンランドがなぜ幸福なのかにふれることができてよかったです。世界と日本のつながりという視点から身近なものもとらえてみたいです。
高校2年生 幸福度の高い北欧と日本の差を知ってより、興味がわきました。話もおもしろかったです。
高校1年生 日本との大きな違いがあり、その違いから幸福度にも差が生まれてしまっていることは非常にもったいないことであると感じた。これからの日本の社会システムについて考えるよい機会となった。
高校2年生 スウェーデンに住みたくなりました。
高校2年生 スウェーデンがなぜ「幸福の国」と呼ばれているのか、よく理解できました。スライドもとても分かりやすかったです。
高校1年生 スウェーデンは消費税が高いけど、とても幸福な国ということがわかりました。
高校2年生 スウェーデンでのシステムと日本との対比がわかりやすく問題点や改善点がみられた。
高校2年生 スウェーデンの社会のしくみが少し分かった。
高校1年生 学問についてのことは世界と日本をそれぞれ知り、関連させて考えるということが大切だと分かりました。日本の社会システムは考え方を改善していくべきだと学べました。
高校1年生 具体的な部分までよく理解できました。とてもためになった。
高校1年生 スウェーデンの社会システムを分かりやすく説明して下さり、国の人々がなぜ幸せだと感じるのか理解できてとてもよかったです。
高校1年生 消費税が25というとても高い数値の中で「幸せ」をきずくにはどうするのか、また今後自分はどうするべきかを考えられた。
高校2年生 スウェーデンの幸福度が何故高いのかがよくわかった。ものの考え方、見方が日本と違っていて良いと思った。日本も良いサイクルに変わってほしい。
高校2年生 日本とスウェーデンの違いから互いの良いところ、わるいところを学ぶことがでしました。
高校2年生 北欧のスウェーデンでは税金が25%にもかかわらず教育費が無料で性別を問わず才能を開花できるところが日本も見習う点だと思った。
高校1年生 とても興味深くて良かったです。スウェーデンの政策を日本でも応用してほしいと思いました。
高校1年生 スウェーデンに行ってみたいと思いました。今までスウェーデンについて知らなかったので、おもしろかったです。アイスホテルに泊まりたいと思いました。
高校1年生 以前から興味があったスウェーデン(北欧)について知ることができてよかったです。
高校2年生 スウェーデンの景色や町がとても綺麗だった。日本も、参考にするべき所があると思った。
高校2年生 日本がスウェーデンなどの国から、学ぶことはたくさんあるのではないかと思いました。欧米などの国の社会システムが気になっていたのでとてもおもしろかったです。
高校1年生 スウェーデンと日本の差をしることができました。スウェーデンに住んでみたいとも思いました。
高校1年生 とてもおもしろかった。スウェーデンに行ってみたいと思った。
高校1年生 スウェーデンという国は、日本とは違い、国民全員のことを考えていて、また、個人個人の才能をのばしてあげるために、国は助け、幸福な国になっていくのだと思いました。日本も、スウェーデンという国を見習ってくれたらいいなと思いました。
高校2年生 スウエーデンについてよく分かりとてもおもしろい講義だった。この分野にとても興味をもった。
高校1年生 北欧が好きなので聞いていて楽しかった。
高校1年生 ・日本はバカだと言いきった先生のスウェーデンを語る姿がかっこよかったです。・一番心にひびいた講義でした。
高校2年生 よく分かりましたありがとうございました。
その他 スウェーデンの高負担高福祉や男女平等のしくみやそのよさがよくわかりました。
高校1年生 日本の社会がいかに優れた人材を生かせていないかが分かった。人は学ぶことで社会に役に立っていくのだなと思った。
高校1年生 以前から北欧に興味があったので、講義を聴けて良かったです!
高校1年生 スウェーデンについての興味がでました。ありがとうございました。
高校1年生 スウェーデンの社会情勢に対して、興味がわきました。
高校1年生 全く知らなかった学部だったけれど、講義をきいて、おもしろそうだと思いました。
高校2年生 スウェーデンの社会制度がとても良いことが分かりました。おもしろかったです。
高校2年生 私もスウェーデンに行きたくなりました。
高校1年生 ・日本の社会システムとスウェーデンの社会システムの違いがよく分かりました。才能の使い方の上手なスウェーデンの社会システムに改めて興味関心を持ちました。ありがとうございました。
高校2年生 海外にとても憧れ持っている僕にとって、とても良い経験ができた。今までスウェーデンのことあまり知らなかったがとても興味が出た。
高校1年生 スウェーデンは税金が高いがその分福祉や教育が充実していて、埋もれた才能がないようにそれぞれの良い所をのばしてあげるという教育方が良いと思った。
高校2年生 スウェーデンでは消費税が25%だが、その分、教育費は全て無料で、貧しい人でもその人の才能を開花できるから、いい考えだと思った。また、全く何もしない休みの日がスウェーデンにあり、それによって、再びがんばれるから、日本ももっとスウェーデンをマネしていくといいと思う。スウェーデン行きたい。
高校1年生 おもしろかったです。
高校2年生 社会システムと聞くと、少し難しそうだと思っていましたが、わかりやすく、お話もおもしろくて、楽しかったです。
高校1年生 もとからスウェーデンの暮らしに興味があり、住んでみたいなと思っていたので、それもあり、聞けてとても良かったです。
高校2年生 仕組みがわかりやすかったです。スウェーデンのよさがわかった。
高校2年生 スウェーデンの良い所だけでなく、切り捨ても速い厳しい現実もつきつけられて、世界が広がった気がしました。
高校2年生 スウェーデンのことだけでなく日本との違いも比較できて分かりやすかったです。
高校1年生 日本とは全くちがう考えをもつ国々の話が聞けてとても新鮮な気持ちになりました。
高校2年生 とても分かりやすく面白かった。国際関係の学部に行きたいとさらに思いました。また受けてみたいと思いました。
高校1年生 講義の内容が分かりやすかったです。講義が終わったあとの質問の際も丁寧に答えて下さって今まで大学を考えていませんでしたが、この大学に興味をもちました。ありがとうございました。
高校1年生 スウェーデンという国を日本と比較しながら、わかりやすく、また面白く説明されてしたので、講義を受ける前よりも、社会学について更に興味をもつことができました。本当にありがとうございました。
高校1年生 スウェーデンの人々の幸福度ランキングが高い理由は、スウェーデンの社会システムが整っていて生活が充実しているからだと知り、他国の社会システムへの興味が湧きました。
高校2年生 H&Mなど、有名な企業がスウェーデンの企業だということに驚いた。幸福度が高いのは、税金が高い(25%)分、いろいろなサービスがあるからだとわかった。
高校2年生 スウェーデンという国に興味を持っていたので今回の授業で何故、幸福度が高いのかの理由を知れることができました!!
高校1年生 スウェーデンの社会システムについてよくわかった。また日本の社会とスウェーデンの社会の違いがよく知れた。
高校1年生 具体的な例を示しながら教えてくだったのですごく分かりやすかったです。
高校1年生 とても興味深い内容でもっと学んでみたいと思えた。今まで自分のやってみたいと思えることがなかったが少し見当がついた。
高校2年生 スウェーデンについてよく知れました。とても楽しい所だと思って行きたくなりました。
高校2年生 スウェーデンが私が思っていたほど、イメージが良く、スウェーデンの良さがとても伝わりました。いつかスウェーデンに行ってみたいです。
高校1年生 スウェーデンの新しいことをチャレンジしやすい社会環境が幸せな事を形成するとても大切な要素であるということが分かりました。世界と日本の違いについて興味を持ちました。
高校2年生 スウェーデンについて、わかりやすくて、どれだけ、スウェーデンがくらしやすかわかりました。話もわかりやすくてたのしかったです。
高校1年生 スウェーデンが元々社会福祉が充実していることは知っていた興味があったので理解が深まって良かった。スウェーデンに行ってみたい。
高校1年生 スウェーデンは、寒い国というイメージしかもっていませんでしたが、話を聞いて、頭がよく、効率のよい国だとわかり、行ってみたくなりました。ありがとうございました。
高校2年生 スウェーデンは消費税が高くても、誰もが好きなことを学べ、才能を発揮し、良い会社を作っていくという良い循環がありいいなと思いました。
高校1年生 国際関係の学部に興味があり、講義を受けました。やはり他の国のことを知り、理解を深めることは重要だと感じました。
高校1年生 スヴェーデンのように日本にも良い社会システムが広がるといいと思いました。
高校2年生 私は北欧の国にもともと興味があったので、話をきいていてとももおもしろかったです。実際にスウェーデンに行きたくなりました!
高校2年生 スウェーデンがどのような社会なのか分かりました。実際に行ってみたいと感じました。
高校1年生 北欧の社会システムについてとても分かりやすく説明してくださりました。
高校1年生 スウェーデンに住んでみたいと思える講義で、日本との政治・経済についての違いが分かりました。
高校1年生 スウェーデンの社会がどのようになり立っているのかよくわかりました。
高校1年生 なぜスウェーデンが幸福なのかということがよく分かりました!日本との違いもあり、分かりやすかったです。将来は北欧に行ってみたいです。
高校1年生 スウェーデンの社会システムについて知ることができて、とても良かったです。今度、スウェーデンに行って実際の体験したいと思いました。
高校1年生 日本の充実度の足りなさがよく分かり、北欧の社会システムに興味がわいた。
高校1年生 なぜ幸せに感じるかや、社会のしくみが分かった。
高校1年生 もともとスウェーデンに興味があって、この講義を受講しました。とても面白かったです。
高校1年生 スウェーデンへの興味がますます上がった。いつかスウェーデンに行ってみたい。
高校1年生 スウェーデンについていろいろ分かった。日本とのちがいにおどろいた。
高校2年生 だれもが自立して自分の才能をみつけるチャンスを得て、結果として多くの人が多くの人が力を発揮し高い経済力を達成するスウェーデンの社会システムはすばらしいと思った。
高校1年生 日本では、考えれられないスウェーデンの考え方に触れられて面白かったです。
高校1年生 とてもよく分かりました。
高校2年生 とても分かりやすいプレゼンでした。
高校1年生 スウェーデンの社会システムを日本にもやってほしいと思いました。
高校1年生 スウェーデンの良さが伝わりました。日本と違って一つ一つの差別が少ない所が素晴らしいと感じました。
高校2年生 スウェーデンの社会制度には興味があったので、聞けてよかったです。また、日本の社会制度との比較もあり分かりやすかったです。
高校2年生 スヴェーデンのことは“幸福”というイメージしかなかったので、社会制度を知って、スヴェーデンに興味がわきました。
高校1年生 スウェーデンにいったら教育費が無料になるんですね!将来はスウェーデンに住もうかな。
高校1年生 自分の体験談や現地の写真を使って説明していただき分かりやかったです。
高校1年生 先生のスウェーデンでの体験もたくさんあってスウェーデンの良さがよくわかった。
高校1年生 スウェーデンに住んでいたからこそ分かる幸せの理由について話してもらえて良かった。
高校2年生 日本とスウェーデンの社会の仕組みの違いが良くわかった。
高校1年生 スウェーデンの社会システムを少しでも日本に役立つように取り入れて欲しいと思った。
高校2年生 今日は、スウェーデンの社会のしくみを学び、驚くことがたくさんありました。ありがとうございました。
高校2年生 実体験たっぷりで面白かった。
高校3年生 もう少し内容を聞きたくなりました。スウェーデンに移住してみたくなりました。
高校1年生 スウェーデンの良さが伝わり、より、スウェーデンの興味が湧きました。
高校2年生 私はとても世界や日本のことを学びたいと思っているので、今回の講義を聞い、より興味を持つことができました。
高校1年生 スウェーデンの社会システムについてよく分かりました。消費税は高いけれど、教育費が無料なのがよいと思いました。
高校1年生 わかりやすかった。
高校1年生 スウェーデンは、すごく子育てをするのに便利だということがわかった。でも税金が高いのはいやだな、と思った。
高校1年生 スウェーデンの仕組みがよくわかりました。スウェーデンに行ってみたいと思いました。
高校1年生 スウェーデンの魅力を知ることができてよかった。またアイスホテルに行ってみたいと思った。
高校2年生 スウェーデンへの興味が前よりも、深くなった。
高校1年生 スウェーデンは日本に比べとても生産性があり、住んでみたいと思いました。
高校1年生 とても分かりやすく、日本にも取り入れた方が良いシステムがたくさんあると思いました。消費税25%もスウェーデンに行くと、悪くないのですね。
高校1年生 すごくひけつけられました。
高校1年生 スウェーデンは消費税が25%で日本より高いけれど教育が無料だったりする為国民の不満が無いんだなと思いました。
高校1年生 スウェーデンと日本の経済は大きく違うことを知った。日本も、スウェーデンのようになれば、もう少し社会問題が解決されると思った。
高校1年生 好きな芸能人が明治大学史学地理科出身で、それを知った時から明治大学の講義を受けてみたいと思っていて、その中で1番気になった鈴木先生の講義を受けました。先生の体験などから色々知ることができました。
高校2年生 スウェーデンを中心に社会について考えていくことで、日本に足りないもの、やったほうが良いことなど考えさせられるものが多かったです。
高校1年生 自分が留学した先での話もきけた説得力があり分かりやすかったです。
高校1年生 スウェーデンなど北欧は幸福度がとても高いということがよく分かりました。また、その理由が、社会システムにあるということを知り、とても興味をもちました。
高校1年生 元々スウェーデンには興味をもっていて、こんかいのをきいて、改めてスウェーデンの良さを感じました。
高校2年生 スウェーデンという国に興味を持てたと同時に社会福祉についてもっと調らべたいと思った。今日の講義で一番聞いててためになった。
高校2年生 私は北欧の社会福祉や社会システムに興味があるので先生にご教授いただいた内容で高負担高福利のシステムを聞いてさらに深めたいと思いました。
高校1年生 すごくわかりやすい講義で、スウェーデンにすごく興味をもった。行ってみたいと思った。
高校1年生 日本から遠いスウェーデンの生活風景や経済など様々な面から気になる国の事を知れました。また、今日本のかかえる問題を再確認できました。
高校2年生 授業がとてもおもしろく内容も理解することができました。
高校1年生 貴重なお話を頂き、有難うございました。経済の好循環を生ま出している北欧諸国のシステムを、日本にどうやって応用するか、自分でも考えてみようと思います。
高校1年生 日本は男女差別や、働き方を直すべきだと改めて感じた。社会を良くするために、他者を高めるのが良いと思った。
高校1年生 高福祉高不担についてよくわかった。
高校1年生 日本とスウェーデンで消費税の差がこんなにあるのにスウェーデンの方が経済水準が高いということが心に残っています。
高校2年生 私自身、ジェンダー平等や昨年度フィンランドで社会システムの勉強をしていたので、とても興味がありました。北区民への興味を深められました。
高校1年生 公民の授業で一度勉強したことがありましたが、今回より詳しくわかりました。日本にもこのような制度が設置されればよいと思いました。
高校1年生 スウェデンに行きたい。
高校1年生 スウェーデンの幸福度ランキングなどの水準が高い理由を知ることができてよかった。
高校1年生 スウェーデンという国はとてもポジティブだなと思った。そして周りに多くあふれていると思った。
高校1年生 今回の講義ライブのテーマである「スウェーデンの社会システム」を日本や他の国と比較しながら説明しているのでとても分かりやすかったです。
高校2年生 私はスウェーデンや、北欧の社会システムについて知りたかったのでこのような機会があって良かったです。また、とても興味がわいて、もっとしりたいと思います。
高校3年生 すごく分かりやすく説明してくださったのでこの学部にすごく興味が湧きました。
高校1年生 スウェーデンの才能をのばす教育は、日本も取り入れるべきだと思った。日本と海外の社会システムの比かくが面白そうだった。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 税金 、
  • 倒産 、
  • セーフティネット 、
  • 再出発 、
  • 幸福度 、
  • 学費 、
  • 無料 、
  • スウェーデン 、
  • 経済成長

講義No.g009256

スウェーデンの労働をめぐる社会システムは日本と正反対!?

倒産しても、大丈夫!?

 日本では、会社が倒産すると、経営者も労働者も生活の糧を失い、経済的・精神的に大きな打撃を受けます。再出発をするにしても、元の生活水準に戻るためには、長い年月と並々ならぬ努力が必要です。時代の流れによっては、再起の努力が報われるとは限りません。ですから、経営者も労働者も、会社の存続を図るために、長時間労働と低賃金に甘んじることもあるのです。ところがスウェーデンでは、会社の倒産によって労働者が路頭に迷うことはありません。セーフティーネットがたくさん用意されているからです。

学費は無料、学生には奨学金

 スウェーデンでは、勤めていた会社が倒産しても、そこから大学に再び入学し、医師になって復活を果たす、などということが珍しくありません。スウェーデンでは、学費はすべて無料です。生活費は奨学金で賄うことができます。再教育を経て再就職した人は、しっかりと働き、高い税金を払って社会を支えます。つまり、「会社は潰れても、働く人の未来は保障する」という社会システムが、スウェーデンでは機能しています。そんなスウェーデンの経済力は日本より高く、人々の幸福度も高いのです。

日本と異なる社会を知ることの意義

 日本では、一度失敗すると、そこから再びやり直すハードルはかなり高いのです。他方、スウェーデンではそのハードルはとても低いのです。それは個人を幸せにするだけではなく、世の中の変化に合わせて労働力が移行するので、国の経済成長も促します。
 もちろん、日本とスウェーデンには、それぞれの国の歴史や事情があり、単純に比較することはできません。しかし、日本のシステムが唯一絶対なのではなく、日本と正反対に見えるシステムが有効に機能している場合も多いのです。こうやって視野を広く世界に広げ、さまざまな国の社会システムを研究することは、日本の未来を考える上で、大変重要なことなのです。

この学問が向いているかも 比較社会学

明治大学
国際日本学部  教授
鈴木 賢志 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 あなたは、これからどんな人生を歩もうと考えていますか。日本で活躍することも、もちろんとても大事なことです。でも、今、日本で起こっていることや、過ごしている環境がすべてではないことを知ってください。その上で、日本の良さ、日本の魅力を世界に発信することや、海外で学んだことを日本の社会に役立てることを考えてみてください。
 明治大学国際日本学部は、日本から学び、世界から学び、日本と世界のつなぎ方を学ぶ学部です。あなたもぜひ本学部に来てください。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃、外交官や国家公務員になって、社会のために役立ちたいと考えていました。大学卒業後、イギリス留学を経て、スウェーデンのストックホルム商科大学欧州日本研究所に赴き、10年間在籍しました。そこでは、スウェーデンと日本の政治・経済・教育システムの違い、それぞれの国における働き方や政治参加のあり方の違いを体験しました。帰国後、発足したばかりの明治大学国際日本学部に就任しました。毎年ゼミ生と共にスウェーデンを訪問し、現地の学生と交流し、さまざまな施設を視察するフィールドワークを実施しています。

大学アイコン
鈴木 賢志 先生がいらっしゃる
明治大学に関心を持ったら

 明治大学は、10学部28学科で「個」を強くする大学です。みなさんの知への好奇心に応える学びが、きっとこの中にあります。
 トライするチャンスは3つ。
 ①一般選抜入試(学部個別入試)、②全学部統一入試、③大学入試センター試験利用入試。
 入学後のキャンパスライフを経済面からサポートする奨学金制度も16種類を用意しており、約3万人の学生のうち、1万人以上が利用しています。就職キャリア支援も、4年生向けに学内採用選考会・面接会を実施しています。
 ぜひ「メイジ」に入学し、「個」を強くしてみませんか。